どっちを摂るべき?『植物性たんぱく質』と『動物性たんぱく質』の特徴を知ろう!

こんにちは、からだカレッジライターの北村こうきです!

いつも最後まで記事をお読み頂き、ありがとうございます!
(過去の記事はこちらから→『過去の記事一覧』

『たんぱく質』が身体に良いことは段々と広まってきていますね。命を形作り、継続させるのに根本的な役割を果たしているのが『たんぱく質』です。人の身体は60〜70%が『水』と言われていますが、その次に身体の多くを占めるものが、実はたんぱく質と言われています。

筋肉をはじめ、皮膚や臓器といった私たちの体を構成するものの大部分はたんぱく質からできているので、身体に占めるたんぱく質の割合が水の次に多いことも納得できます。そして、たんぱく質の中にも『植物性たんぱく質』『動物性たんぱく質』があります。今まで、たんぱく質を日常で気にせず摂っていなかった方は、「植物性たんぱく質と動物性たんぱく質は、どっちを摂った方がいいの?」と疑問に思われる方も多いはずです。

今回は、『植物性たんぱく質と動物性たんぱく質の特徴』について纏めていきます!

 

「植物性たんぱく質」と「動物性たんぱく質」の違い

植物性たんぱく質というのは、文字通り植物からとれるたんぱく質です。一番有名な植物たんぱく質は「大豆」です。大豆以外にも、豆類、穀物、野菜などにも含まれます。また、植物性たんぱく質はダイエットの際に気になりがちな油脂をほとんど含んでいないため、低脂肪・低カロリーの食事を摂ろうとした時には理想的なたんぱく質です。

ただ、植物性たんぱく質だけでは、必須アミノ酸を全てまかなうことができないことも覚えていきましょう。一方、動物性たんぱく質肉、魚、卵などからとれるたんぱく質です。動物から摂れるたんぱく質のことを総称した呼び方と言えます。

動物性たんぱく質の良いところは、『必須アミノ酸』を含んでいるところです。アミノ酸はたんぱく質を合成するのに必要ですが、アミノ酸自体は他の栄養素から自力で生成できるのに対し、必須アミノ酸と呼ばれる“9種類”だけは自分の力では作り出せないのです。

9種類の必須アミノ酸は次の通りです。

・バリン
・ロイシン
・イソロイシン
・スレオニン(トレオニン)
・フェニルアラニン
・トリプトファン
・リジン(リシン)
・ヒスチジン
・メチオニン

動物性たんぱく質は、手軽に必須アミノ酸を摂取できる利点があります。その為、動物性たんぱく質は運動(筋トレ)後に傷ついた筋肉を早く修復したい時はもちろん、ストレスにより免疫が低下した体を回復したい時に積極的に摂取すると良いです^^

そして、植物性たんぱく質と動物性たんぱく質を、さらに細かく分けると『ホエイ(動物性たんぱく質)』『カゼイン(動物性たんぱく質)』『卵白(動物性たんぱく質)』『大豆たんぱく(植物性たんぱく質)』『小麦たんぱく(植物性たんぱく質)』の5種類に分けることができます。

 

たんぱく質の摂取バランスとは

上記の説明で、植物性たんぱく質だけでは、必須アミノ酸の一部欠如、動物性たんぱく質だけでは脂肪の過剰摂取に繋がりかねないことがお判り頂けたと思います。ということは、植物性たんぱく質と動物性たんぱく質の両方を摂取した方が良いということになりますが、摂取する比率は色々な考え方があります。

ただ、身体の作りから考えると、半分は植物性たんぱく質、残りを動物性たんぱく質にすれば、脂質は最低限に抑えることができるでしょう。

 

まとめ

たんぱく質は炭水化物・脂質とあわせて『三大栄養素』と呼ばれています。人の筋肉や臓器、体内の調整に役立っているホルモンの材料となるだけでなくエネルギー源にもなっている必要な栄養素なのです。たんぱく質が身体から不足してしまうと、筋肉量の減少や、肌・髪のトラブル、集中力の低下などに繋がりかねません。

今回は植物由来のものと動物由来のものを紹介していきましたが、どちらもバランスよく摂って健康的に過ごしたいですね^^

最後までお読み頂き、ありがとうございました!
からだカレッジライター
北村 こうき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

横浜市出身。 パーソナルトレーナー・ボディメイクセミナー講師・ライター(からだカレッジ専属) 日本No.1を目指す健康WEBメディア『からだカレッジ』を通して、健康&ボディメイクの記事を中心に執筆しています。 リバウンドしないハイパフォーマンスな身体をキープし続ける、ボディメイクに欠かせない『知識』と『経験』を身に付けるセミナー・イベント情報をLINE@で配信中! LINE@ID検索→『 @kouki.k 』(@をお忘れなく!)