スパルタンレースで初心者が完走するために必要な準備と服装

こんにちは!アドバイザーの後藤優子です。
実は先日、神奈川県で雨の中開催された、スパルタンレースのスプリントの部に参加して無事完走しました!

とは言え、私は腕立て伏せができず、膝立て伏せがようやくできるようになったくらいのレベルのトレーニング初心者です。中高時代の体育の成績は2がつくこともしばしばあったほどで、運動神経の無さにも自信があります。今回はそんな私でも完走できたスパルタンレースについて、初心者に必要な準備について書いてみます。

 

スパルタンレースとは?

スパルタンレースとは、リーボックが主催する世界最高峰の障害物レースです。既に25か国以上で開催されていますが、日本では、近年の筋トレブーム、ボディメイクブームに乗るように今年の5月に初開催されました。私が参加したのは日本で2回目の2017年10月21日の大会で、5kmのコースに20以上の障害物がある「スプリント」というレースでした。

 

どんな障害物があるの?

スパルタンレースには、泥水に潜ったり、有刺鉄線が張ってある下をくぐり抜けたりという、筋力にはあまり関係ない障害物、鉄の玉、砂袋、砂利を入れたバケツなど重いものを運ぶ障害物、高い壁や木を飛び越える障害物、雲梯やロープ登りなどぶら下がる障害物などがあります。

そして、障害物と障害物の間をトレイルランニングする感じです。私が参加した日は雨でしたので、コースはどこも泥の道でした。検索すると沢山のスパルタンレースの動画が出てきますので、詳しくはそちらをご覧くださいませ。

 

初心者はチーム参加がオススメ

スパルタンレースは、一人ですべての障害物を乗り越える個人参加と、みんなで助け合いながら障害物を乗り越えていくチーム参加があります。

もちろん、スパルタンレースに向けて、筋トレをしたりランニングをしたりトレーニングをすると思います。それでも、特に初心者の方には、一人では難しい障害物が多くなってきます。その時に、チーム参加ですとみんなで協力して、お互い足を支えたり、持ち上げるのを手伝ったりしながら障害を乗り越えることができます。

また、障害物を乗り越えられなかった場合、バーピージャンプ30回をしなければなりませんが、ここでもチーム参加ですと手伝うことができます。つまり、出来なかった人のバーピーの回数をみんなで分担して、負担を減らすことができるのです。

今回私は、女性だけのチームでそれもワイワイ楽しかったですが、できれば、男女混合チームにすると女性は心強いのではないでしょうか?

 

初心者こそ適切な服装と、レース専用の靴と手袋を用意する

スパルタンレースに参加するために、特に指定された服装はありません。当日配られるゼッケン替わりのヘアバンドさえしていれば、どんな服装でも大丈夫です。ただし、初心者の方が完走するために、押さえた方が良い点についてご紹介します。

靴は、ランニングシューズ、トレイルランニングシューズなどで走っている方も多かったと思います。ただ、私は筋力が十分ではないと思ったので、リーボックのスパルタンレース用に開発された靴を購入して履きました。ソールのグリップ力に優れているので、靴が埋まるほどの泥の中も滑らずに走れ、水はけの良い構造になっているので、泥水に浸かっても重くなりませんでした。

写真は、スパルタンレースで実際に使用したものです。洗えば綺麗に蘇りますので、新しいものでも惜しみなく泥まみれになってください。ただ、足にあったものを購入したつもりでも、事前にグランドや芝生の上などを走り、靴に慣れておきましょう!その際、アスファルトを走り過ぎるとソールが傷む可能性があるので気を付けましょう。

 

服装と手袋

いろんな障害物を乗り越えているうちに、ぶつけたり、皮膚を切ったりする可能性があるので、動きやすく、かつ身体を守るような服装を考えると良いと思います。

私は今回、写真の服装で参加しました。上半身は、スポーツブラ+長袖シャツ(コンプレッションタイプ)+Tシャツ。下半身は、タイツとハーフパンツ。そして指先にしっかり力を入れやすい5本指ソックスと、手袋を使用しました。

長袖シャツとTシャツ、手袋は、スパルタンレース用のものをリーボックで購入しました。特に手袋は忘れやすいですが、手を保護するためにも、あった方が絶対に良いと思います。

最終的に全身泥だらけになってしまうので、あえて色は抑えてみました。特に下半身の服は、あまりに汚れたら捨てても良いと思っていましたが、洗えば大丈夫でした。持ち物に、ゴミ袋を沢山持っていくと、着替えの時に汚れた服などを入れたり役に立ちますので、おすすめです。

また、毎回かどうかはわかりませんが、泥水に潜る可能性があるので、時計や眼鏡は付けない、あるいは防水のものにするなど対策をすると良いと思います。

 

当日の流れとポイント

 

早めに会場入りする

回を重ねるごとに改善されていくかもしれませんが、受付が大変混雑しますので、自分のスタート時間よりかなり余裕を持って会場に行くことをおすすめします。受付は、スタート時間の2時間前までに済ませるように指示がありました。

 

荷物預け

公式に荷物を預ける場所も、かなり混雑しているようでした。指定された45リットルの袋1枚分の荷物ひとつにつき、500円ということでした。私は今回、公式には預けずレジャーシートを用意してそこに荷物を置きました。雨でしたから、大き目のレジャーシートに荷物を置き、レジャーシートで荷物を包むようにして、周りを洗濯バサミでとじて濡れにくいように対策しました。

もちろん貴重品などは置けませんし、自己責任になりますが、直前まで荷物の取り出しができるのがメリットです。ご参考までにお伝えします。

 

ウォーミングアップ

受付が済んだら、トイレを済ませたり、ウォーミングアップをしながらスタート時間を待つと良いでしょう。ウォーミングアップは静的ストレッチと動的ストレッチの両方を行って身体をあたためておきましょう。

ゼリー飲料のような消化に負担がかかりにくい軽食をとっておくのも良いでしょう。靴の紐がほどけないように確認しておくのも大事なポイントですね。

 

スタート

チームで参加する場合には、スタート時間前に集合しておきましょう。レースが始まったら、お互いの位置を確認しながら進みます。一人では難しい障害物もチームの仲間で協力しあって、超えていきます。チームで参加する場合は、個人のタイムを競うのではなく、みんなで協力しながら障害物を乗り越え、みんなでゴールすることが目標になると思います。

 

初心者でも気持ちがあれば完走できる!

お話してきたように、初心者がスパルタンレースを完走するためには、服装や靴などの対策も重要です。逆にそれが出来ていてチームで参加すれば、あとは頭のネジを2、3本抜くだけで初心者でも楽しく完走できるレースです。もちろん、レースに向けてのトレーニングは必要ですが、私のように、膝立て伏せがなんとかできるというレベルの人間でも完走することができます。

是非、初心者の皆さんも非日常の泥まみれレースを楽しんでみてくださいね!スパルタンレースを完走したら、きっと日ごろの多少の困難は困難ではなくなり、ストレスも解消されると思いますよ。もちろん、トレーニングのモチベーションも上がって、より一層トレーニングに励むことができるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA