リーボックスパルタンレースの様子とそれに向けた練習方法

こんにちは!

パーソナルトレーナーの北村こうきです。
(過去の記事はこちらから→『過去の記事一覧』

さて、10月21日(土)『スパルタンレース』に出場してきました。今回は台風の影響もあり、悪天候という、かなりバッドコンディションで望んだ今回のレース。無事に、目標であった『完走』することができました。某テレビ局のアナウンサーが出場したり、メディアでも注目が集まっていましたね!

さて、今回は「来年、スパルタンレースに出場してみたい!」という方に向けて、スパルタンレースの概要や、レース当日の様子、本番までに取り組むべきトレーニングを纏めました!ぜひ、参考になれば嬉しいです^^

 

スパルタンレースとは?

リーボックが主催している、世界最高峰の障害物レース。では、スパルタンレースとはどのような大会なのでしょうか?

・世界最高峰の障害物レース
・世界25の国で240を超えるレースが開催されている
・スパルタンレースのミッションは『参加者を健康にすること、活発にすること、そして何より自分自身が変わって行くことに楽しみを感じさせること』

スパルタンレース公式サイト参照

このように、書かれています。さらに、公式PVを見ると雰囲気が伺えます。また、レースは個人の体力レベルに合わせて、『3種類』の中から選ぶことができます。

【スパルタン・スプリント(距離約5km以上、障害物約20個)】

【スパルタン・スーパー(距離約10km以上、障害物約25個)】

【スパルタン・ビースト(距離約20km以上、障害物約30個)】

なんと、キッズのレースもあるので、大人だけでなく子供も楽しめのも魅力です。そして、私は今回『スパルタン・スーパー(距離約10km以上、障害物約25個)』に挑戦してきました。それでは、当日の様子をお伝えしていきます!

 

スパルタンレースの開催会場へ!

今回の会場は、さがみ湖プレジャーフォレスト。ここは、神奈川県相模原市緑区若柳にある自然に親しむことをテーマとした遊園地。アウトドアスポーツなどの施設があり、関東最大の600万球の中で味わう、日本最大の”体験型”イルミネーションリゾートとしても注目を集めています。

会場最寄りの相模湖駅 バス停に到着すると、長蛇の列です・・・!

やっとの思いでバスに乗り込み、「プレジャーフォレスト前」というバス停で降り、緩やかな坂道を歩いて5分程度。

スパルタンレースの旗が見えてきました^^

さぁ!ここが会場入り口!!

受付にはすでに出場者が多く集まっていますね^^

世界各国で開催されているレースなだけに、外国人出場者が多いです。無事に受付を済まして、出場パスポートもGET!!いやー、一気にボルテージが上がってきました!!(笑)

ということで、記念に1枚!

今回は、一緒にレースにチャレンジした、パーソナルトレーナー 谷けいじさんと一緒に撮りました!そして、気になるコースマップを確認・・・。

これを見るだけでも、さがみ湖プレジャーフォレストの広さがよく分かりますね〜着替えも終わり、準備はバッチリ!いよいよレース本番が近づいてきました!

 

レース前

出場者みなさんは、ストレッチも入念に行っています。

そして、スタートラインに並ぶ前の集合場所には人が続々・・・。

合図とともに、壁を乗り越えて、いざスタートラインへ!!

この時の会場の熱い雰囲気は、言葉では言い表せないですが、とにかく熱気がすごい!!もう、寒さなんか忘れてしまうくらいです・・・。(残念ながらレース中の写真は過酷すぎるため、一枚も撮れませんでした・・・。)

 

レース後

レース完走者には記念のメダル記念Tシャツが貰えます!これはゴール付近で受け取ることができます。

そして、レース終了後は全身泥まみれになっているので、設置されているシャワーを使って、泥を全て洗い流しました。着替えは、必ず必要です!(暑い時期であれば、帰り用のサンダルがあるととても楽だと感じました。)レースが終わったら、後日公式サイトで順位・タイムなどを見ることができます!

 

レース本番に向けたトレーニング

それでは、私がレース本番に向けて取り組んだトレーニングをご紹介していきます。レース中にある障害物は、壁を登って超えたり、有刺鉄線を潜って低姿勢で前進したり、鉄球を運んで走ったり、サンドバッグを抱えたり・・・と、なかなか筋力が必要になる種目が多いのです!

そこで、私が取り組んできたトレーニングは大きく『3つ』です。一つ一つご紹介していきます!

 

①チンニング(懸垂)

<概要>
チンニング(懸垂)とは、自分の体重を利用して行うもので、自重トレーニングの中でも背中を中心に、胸、腕、上半身全体を効果的に鍛えていくことができるトレーニングです。

<使用部位>
広背筋・大円筋・僧帽筋(下部)・菱形筋・三角筋(後部)

<トレーニング方法>
⑴まず、懸垂ができるバーを肩幅より拳2個分ほど広く握ってぶら下がります。

⑵肩甲骨を寄せるようにして、背中の力で体を引き上げます。この時、できる限り体を持ち上げて行きましょう。

⑶肘がしっかり曲がり、体を上げた状態で1秒程度静止したら、ゆっくりと体を下げて元の位置へ戻ります。

 

②ディップス

<概要>
「上半身のスクワット」とも言われており、自分の体重を利用してできるので、平行棒などがあれば特に専用の器具は必要ありませんが、ジムにあるディップススタンドを利用すると確実に実施が可能です。

<使用部位>
大胸筋・上腕三頭筋

<トレーニング方法>
⑴平行棒に腕を立てて、体を支えて行きます。この時体感にしっかりと力を入れて、上半身を安定させます。必要であれば、足はクロスさせて、膝を曲げ、上半身を少し前のめりにしたらセット完了。

⑵息を吸いながら、ゆっくりと肘を曲げて、体を深く下ろして行きます。この時に大胸筋が伸ばされているのを感じながら、肘を90度を目安に曲げます。

⑶自分の体の重さを感じながら、肘を伸ばして元の位置に戻ります。

 

③レッグリフト

<概要>
腹筋の力で脚を上げ下げするトレーニングです。器具なしで出来る高強度の腹筋トレーニングです。マスターしておくと、自宅でも強い負荷をかけながら、腹筋を鍛えることができます、

<使用部位>
腹直筋下部・腸腰筋・大腿直筋

<トレーニング方法>
⑴床に仰向けに寝て、両足をあげます。この時は膝は軽く曲げて行きます。手は体の横に置き、手のひらで床をしっかりと捉えて行きましょう。

⑵腹筋の力を使って脚を上げる動作を行いますが、同時にお尻を突き上げるようにして行きます。

⑶脚とお尻を上げきったら、ゆっくりと戻して、床に踵が着く直前で止めて、再び持ち上げて行きます。

これら、3つのトレーニングを10回×3セットでやることをお勧めします^^

 

おわりに

台風の影響で、天候も悪いコンディションの中で行われた今回のレース。写真も満足に撮ることができませんでした・・・。しかし、走りきった後は、達成感があり、完走できたことが本当に嬉しかったです。来年走る時は、天気が良いといいです・・・!(笑)山道を駆け抜け、数々の障害物をクリアしていく、非日常の世界観を味わえるレースです!

スパルタンレースは中長距離のレースなので、『持久力』ももちろん大事なのですが、障害物をクリアする際に求められる『筋力』も非常に重要になります。今回、紹介させていただいた、トレーニングは最低限取り組んでおくと良いです。「来年、出場しようかな・・・?」と考えている方は、今から計画的にトレーニングを積んでいけば、必ず出来ます!

一生のうちに、一回は挑戦する価値のあるレースですよ^^

Who are you???

I’m SPARTAN!!!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

パーソナルトレーナー
北村 こうき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

横浜市出身。 パーソナルトレーナー・ボディメイクセミナー講師・ライター(からだカレッジ専属) 日本No.1を目指す健康WEBメディア『からだカレッジ』を通して、健康&ボディメイクの記事を中心に執筆しています。 リバウンドしないハイパフォーマンスな身体をキープし続ける、ボディメイクに欠かせない『知識』と『経験』を身に付けるセミナー・イベント情報をLINE@で配信中! LINE@ID検索→『 @kouki.k 』(@をお忘れなく!)