太ももの前張りを解消しよう!4つの原因と3つのおすすめ解消方法を徹底解説

みなさん、こんにちは。
太ももの前張りに悩まされています、カラカレライターの森です。

「太ももの前張り」ってご存知ですか?
脚を横から見た時に、膝の上から太ももが前にもり出している状態のことです。

 

私はどちらかというと細身で、脚が太いわけではありません。
それなのに、太ももの前側だけパンパンなのです。

この太ももの前張りにより、お気に入りのスカートもなんだかしっくりと履けず、困っております。

 

ダイエットで脂肪を減らすことには成功しても、脚のラインが綺麗でなければなんだかパッとしませんよね。

そこで本日は、そんな気になる太ももの前張りについて調べてみました。

太ももの前張りが気になる私が調べた、

  • 様々な原因
  • 原因別の解消法

をお伝えしたいと思います。

 

 

運動してないのにゴッツい太もも!?前張りになる4つの原因

「運動してないのに、太ももの前側だけ筋肉付いてる!?」

「ダイエットしたのに、太ももだけ太いんだけど…。」

「膝の上に肉が乗ってる…。」

などなど、太ももの前張りに悩む方は多いと思いますが、実はその原因は人それぞれ。

 

そんな多様な原因がある太ももの前張りですが、今回は

  1. 姿勢
  2. 歩き方
  3. むくみ
  4. 脂肪

の4つの原因を紹介致します。

 

 

太ももの前張りの原因1.腰が反っている【姿勢】

太ももの前張りの原因の1つは、悪い姿勢、つまり【反り腰】です。

 

この記事をお読みの方の中には、

「私は、常に姿勢に気をかけているから大丈夫。」

そう思われている方も少なくないでしょう。

 

しかし、そのような方こそ注意が必要。
自分では真っすぐ立っているつもりでも、実は少しばかり腰が反ってしまっている、なんてことはよくあります。

 

反り腰とは、お尻が出てヘソを前に突き出している状態の姿勢のこと。
この反り腰では、骨盤の左右が恥骨よりも前に出て骨盤が前傾している状態です。

骨盤が前傾していると、太ももの前部分の大きな筋肉が常に使われている状態になります。

これにより、太ももの前の筋肉が発達し続け、太ももの前張りに繋がるのです。

また、この太もも前の大きな筋肉は、太ももの一番外側に位置しているため、発達してしまうと大きく目立つ、という悪循環になってしまいます。

 

 

太ももの前張りの原因2.ウォーキングランジもどきの【歩き方】

続いてご紹介する太ももの前張り原因は、【歩き方】です。

 

  • 歩くときに、必要以上に大股で歩いていませんか?
  • 重心が前にいき過ぎていませんか?

 

歩幅が大きいと、重心よりも前に足が出てしまいます。
そうすると、足の上に重心(体)を移動させないといけないため、太もも前の筋肉を余計に使うことになってしまうのです。

また、重心が前にいきすぎていると、足が地面に着いたときに全体重が太もも前にかかり、負担が大きくなりってしまいます。

どちらも太ももの前側に負担がかかり、どんどん筋肉がついてしまう、ということです。

ウォーキングランジを想像してみてください。
下半身を鍛えるために行われるウォーキングランジですが、太ももの前側にもキツーク効きますよね。

かなり極端ですが、分かりやすく言ってしまうとあのウォーキングランジもどきをしながら毎日歩いてる、ということになります。

太もも前に筋肉がついて張ってしまうのも、理解できますよね。

 

 

太ももの前張りの原因3.解消せずに積み重ねる【むくみ】

【姿勢】と【歩き方】により、前ももの筋肉に負担がかかり張ってしまうとお伝えしました。

 

しかし、太ももの前張りの原因は筋肉だけではないのです。

長時間のデスクワークや、立ちっぱなしの仕事をしている女性に多い【むくみ】も、太ももの前張りを招いてしまいます。

ようやく長いデスクワークが終わり、帰宅するころには足がパンパン、なんていう経験はありませんか?

 

デスクワークや立ち仕事、運動不足等により、足の血行さらにはリンパの流れが悪くなり、むくんでしまうのです。

このムクミを解消せずにどんどんと積み重ねることで、パンパンに張った硬い太ももの前張りが出来あがってしまいます。

 

 

太ももの前張りの原因4.老廃物が付着し硬くなった【脂肪】

最後にご紹介する太ももの前張りの原因は、【脂肪】です。

 

脂肪というと、柔らかい印象がありますよね。

しかし、足の血行が悪い場合は、脂肪もかたくなります。

血行が悪いと、体内の老廃物を回収、運搬するリンパの流れが悪くなり老廃物が蓄積します。

この老廃物は脂肪に付着しやすい性質を持っているため、脂肪に付着し脂肪が硬くなってしまうのです。

 

そのため、太ももの硬い前張りの原因は、脂肪である可能性もあります。

さらに、その脂肪はそのまま放置していると、皮膚がデコボコになる憎くきセルライトになってしまいますよ。

 

 

 

スラっと太ももに!ももの前張りを解消できる3つのおすすめ方法

ひとえに「太ももの前張り」といっても、原因は様々。

ここでは、今回ご紹介した

  • 姿勢
  • 歩き方
  • むくみ
  • 脂肪

の4つの原因別に、解消方法をご紹介します。

 

 

太ももの前張りのおすすめ解消方法1.普段から【正しい姿勢】を心がけよう

姿勢による太ももの前張りに悩んでいる方は、まずは正しい姿勢を知ることから始めましょう。

ここでいう正しい姿勢とは、足先から頭まで、真っすぐであることです。

 

しかし、自分で真っすぐかどうかを判断することは難しいですよね。

そこで、家などの壁を活用して姿勢チェックを行いましょう。
姿勢チェックの仕方はとても簡単。

壁に背を向けて立ってみてください。

  • かかと
  • お尻
  • 肩甲骨

この全て、壁に当たっていますか?

この全てが壁に当たっている姿勢こそが、正しい姿勢なのです。

意識して、真っすぐな綺麗な姿勢を心掛けてみてくださいね。

 

 

太ももの前張りのおすすめ解消方法2.ウォーキングランジもどきにならない【正しい歩き方】

歩き方としては、ウォーキングランジもどきにならないよう、重心が前にいかないように心掛けてください

 

重心を前においてしまうと、足が着地した際の前ももに全体重がかかり、負担がかかります。

さらに、その状態から体を足の上に移動させなくてはならず、前ももに更なる負担をかけることに。

 

それを防ぐために、お腹に力をいれて歩くことをおすすめします。

お腹に力を入れて歩くことで体重を全身に分散することができるのです。

 

また、ミゾオチ辺りを前に運ぶようなイメージで歩くのも効果的。

こうすることで、重心が前に行きすぎず、身体の真下に着地することができます。

 

特に、ヒールを履いている時は要注意。
ヒールを履いて歩くと、いつも以上に前重心になり、前ももへの負担も大きくなってしまいます。

そんな時こそは、お腹に力をいれて歩くことをおすすめしますよ。

 

 

太ももの前張りのおすすめ解消方法3.むくみと脂肪を解消できる【ストレッチ】

太ももの前張りの原因となる、

  • 血流の悪さから積み重なるむくみ
  • そのむくみによって引き起こされる、老廃物の脂肪付着

ですが、これはストレッチで解消することができます。

 

ストレッチで血行を促進することで、むくみや脂肪、セルライトを解消することができるのです

 

そんなストレッチですが、方法はとても簡単。

  1. 正座をし、
  2. そのまま後ろに寝そべる

たったこれだけ。
3分でできますね。

前ももに痛みを感じる場合は、無理はせずにできるところまで体を倒すだけでも十分です。

1回20秒ほど、これを5セット繰り返してくださいね。

 

 

太ももの前張りは、自力で解消できる!

ついつい気になる太ももの前張り。

原因は人それぞれですが、

の、少しの意識と1日3分のストレッチで解消することができるのです。

 

まずは、自分の太ももの前張りの原因が何かを考えてみてください。

そうすることで、自分に適した太ももの前張り解消方法を見つけられます。

ここでご紹介した解消方法をぜひ実践してみてくださいね。

 

こちらの記事もおすすめ!

【冬の日必見】自宅で行う暇つぶしストレッチ9選

正しいストレッチで怪我予防をしよう!姿勢改善にも効果あり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA