パーソナルトレーナーが教えるコストコで買うべき、タンパク質が沢山取れるオススメお得食品11選

パーソナルトレーナーの谷けいじです。

お得な価格とアメリカンサイズで、すっかりまとめ買いの代名詞となったコストコ。

 

広〜い店内は歩くだけでワクワクが止まりませんね!

そのコストコに行って来ました!

 

今回はパーソナルトレーナーの視点から
「コストコで買うべき食品」をテーマに、タンパク質がたくさん取れるお得食品をお届けします!

 

コストコで買うべき食品その1:ロティサリーチキン

まず外せないのがこのロティサリーチキン。

焼きたてのチキンが丸ごと1羽という大ボリュームです!

これでお値段が699円なんだからビックリですよね。

チキンの中にはマッシュポテトも入っています。

 

以前、オーストラリアのメルボルンに行った時にウールワースというスーパーに行った時にも同じようなロティサリーチキンを見つけて、宿に持ち帰って1人で食べた結果、胃袋破裂しそうになりました。

タンパク質補給に究極にコスパが高い食品ではないでしょうか。

 

コストコで買うべき食品その2:プルコギビーフ

こちらもグラム当たり148円とお得なプルコギビーフ。

すでに下味がついているので、焼くだけで完成という簡単さがいいですね。

僕のように料理が苦手な人にはうってつけです。

よく売り子のマダムが味見用に焼いてくれているので、一度味見してから買ってみてはいかがでしょうか?

 

 

コストコで買うべき食品その3:フレッシュモッツァレラチーズ

チーズに含まれるたんぱく質には満腹感を満たしてくれる効果があります。

その他にも便秘や肌荒れにも効果的ですので、ダイエットにもおすすめ食品といえますね。

コストコには多種多様なチーズが売っています。

その中でもモッツァレラチーズは脂質が少なく、さらりと食べられます。

このサイズはコストコ以外のスーパーでは見かけない大きさですね!

 

 

コストコで買うべき食品その4:チキンシーザーサラダ

こちらのシーザーサラダは容量が550gあるビッグザイズ!

これ1つでランチが出来てしまいますね。

肉魚卵豆などのたんぱく質と合わせて野菜を摂取することは、ダイエットにもボディメイクにも非常に重要なポイントです。

このようにサラダ形式でたんぱく質と野菜が一緒に取れるのは良いですね!

他にもいろんなバリエーションがありました。

 

コストコで買うべき食品その5:メカブとモズク

こちらもコストコサイズ。

なかなか1kgサイズのメカブとモズクは見ないですね。

メカブとはワカメの根元部分のことで、モズクとは「藻付」と書く海藻の一種です。

両方ともヌメヌメ感があって三杯酢で食べると美味しいですよね!

 

メカブにもモズクにもフコイダン、アルギン酸という美容・健康に効果絶大な栄養素が含まれています。

 

コストコサイズのメカブとモズクを常備して、海の恵みを上手にいただきましょう!

 

 

コストコで買うべき食品その6:たまご

完全栄養食品の代名詞の卵。

僕もダイエットしたい方に「とりあえずゆで卵」とよく言っています。

卵はだいたい10個入りで200円〜300円で購入できる優秀食品ですが、コストコでは20個入りで380円。

綺麗に痩せたい人は、これを1パック買ってゆで卵にして常備しておくと良いですよ!

 

 

コストコで買うべき食品その7:塩ゆで枝豆

枝豆1.5kgって…おそるべしコストコサイズ。

他のスーパーでは400g程度が通常サイズですが、スケールがでかいですね!

 

枝豆といえばビールのお供のイメージですが、実は枝豆の成分的にもお酒のお供には最適なんです。

枝豆の中に含まれるビタミンB1やコリンといった成分にはアルコール分解をサポートする働きがあるので、二日酔いや悪酔いの予防になります。

またむくみに効果的なカリウムも豊富です。

 

お酒を飲まれる方は枝豆を冷凍庫に忍ばせておきましょう!

 

 

 

コストコで買うべき食品その8:ミックスベジタブル

こちらもまたまたコストコサイズ。

一人暮らしや忙しいビジネスマンはどうしても野菜が不足しがちです。

そこで冷凍のミックスベジタブルを活用するのは良い手段となりますね。

今回コストコで見つけたミックスベジタブルもインゲン・ブロッコリー・マッシュルームなどたくさんの野菜が入っていました。

本当は生の野菜が1番ですが、こういった食品を活用する選択もありではないでしょうか。

 

 

コストコで買うべき食品その9:チキンレッグ

まずこのコーナーの前を通ってお腹が鳴らない人はいないでしょう!とにかく香ばしくて良い香りが漂っています。

チキンレッグは1つ目で紹介したロティサリーチキンと並んで看板メニューとなっているようです。

ファミチキの1.5倍はある大きなチキンレッグが6本も入っています。

この大きさで1本当たり170円程度というのは嬉しいですね。

おそらくチキンレッグ1本で20g前後のたんぱく質が摂れるのではないでしょうか。

特にこのチキンはローストしているので、無駄な脂も落とされているのがポイントです。

たんぱく質補給におすすめなアイテムですね!

 

コストコで買うべき食品その10:ボイルほたて

ホタテは栄養価が高い海の優等生。

特にタウリンという体のサビ取り、そして筋合成に欠かせない成分が豊富に含まれているのが嬉しいですね。

「タウリン1000mg配合!」で有名なアレです。笑

 

タウリンは体の外に排出されやすい成分でもあるので、ホタテと始めとする魚介類などから上手に摂取しましょう。

 

コストコで買うべき食品その11:プロテインバー

日本ではウィダーのプロテインバーくらいしかありませんが、オーストラリアなどではコンビニにプロテインバーコーナーがあるくらいポピュラーなものです。羨ましい!

そのプロテインバーがコストコにも売られていました。

1本当たりたんぱく質が21gも摂取できます。
(ウィダーのプロテインバーで10gです。)

味はチョコとバニラの2種類で20本入り。

1本当たり140円くらいなのでお手軽栄養補給に便利なアイテムですね!

そして驚くことに糖質が1gしか入っていないとのこと。

これに関しては人工甘味料がたくさん入っているということなので、なんとも言えませんね…

ですがトレーニング後や、ダイエット中のご褒美にオススメのアイテムです!

 

コストコで買うべき食品番外編:水

コストコの水がビックリするほど安かったです。

その安いというレベルが40本700円くらいというから、1本当たり17〜18円の計算になりますね。

水を飲む目的は喉を潤すことではなく、細胞膜を通過して細胞に水を届けることです。

体から数%の水分が失われるだけで倦怠感や頭痛などの脱水症状に見舞われます。

この状態では体は生存するためにエネルギーを使うので、ダイエットやボディメイクを円滑に進めることができません。

1日に体重×40ccを目標に水を摂取しましょう!

 

ちなみにこの水は水道水を蒸留したもののようです。

用途に応じて使用できると良いのではないでしょうか。

 

コストコはフードコートもすごい!

レジを終えた直後に待ち構えているコストコのフードコート。

このフードコートがまたすごいです。

まず安い!
そしてメニューは実際にコストコで購入できる食品を提供しているので、ここで美味しいと思ったらそれを買って帰ることも出来ます。

 

広い店内を歩き回って疲れたので、僕もフードコートで腹ごしらえ。

「看板商品です!」と言わんばかりのホットドッグ180円を注文しました。

するとフリードリンクまで付いてくるのでお得ですね!

 

出て来たホットドックがこれ。

開けてみるとパンとソーセージというThe ホットドック。

ここに刻み玉ねぎと茹でキャベツをセルフでトッピングしていきます。

完成したのがこちら。

もはやホットドックの面影がありません。

 

こちらがフリードリンクコーナー。

いろんな飲み物がありましたが、ここは烏龍茶をチョイスしました。

 

この欲張りホットドック1つでお腹いっぱいになりました。

 

 

コストコで財布に優しくボディメイクを

いかがでしたでしょうか。

今回はたんぱく質が摂取できる食品や野菜を中心に紹介してきました。

炭水化物を控えて、肉魚卵豆といったたんぱく質や野菜中心の食生活にするとお金がかかるという話を聞きますが、今回お届けしたように、コストコではアメリカンサイズで安く購入ができるのでオススメです。

 

うまくコストコを活用して、体づくりを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

谷けいじ

香川県高松市出身 福岡大学スポーツ科学部卒業 ライフチアーズ合同会社 代表 パーソナルトレーニングジム レブルス代表 「體育(たいいく)を通して人生を応援する」を合言葉に、健康情報を配信中。 体が変われば、人生が変わりますよ!