ストレスはダイエットの大敵!ストレスがダイエットに与える影響とは

ストレスがたまると余計に食事を食べてしまう

みなさん、ストレスってどんなことがストレスになってますか……?
毎日の仕事でもストレス、通勤時の電車でのストレス、思うようにいかないことへのストレス、他にもたくさんあると思います。

ストレスが溜まった時ってどうやって解消してますか……?
よく、好きな事をして気分転換すると良いって言いますよね?

でも、好きなことするって例えばどんなことでしょうか……?
趣味とか、自分の得意なこと、達成感のあること、リラックスできること……?
それってどんなことなのでしょう..?

私の場合、それは食べることでした。
しかも、手っ取り早く満たされて美味しいもの、お菓子。

その頃の私は、生きていること自体がストレスみたいな気持ちになっていました。
話が少しそれますが、人間って何もしてなくてもお金かかりますよね?
家賃、住民税、保険、息してるだけでもお金取られるみたいな……

私は会社勤めでしたけど、お給料と支出のバランスが取れなくて、いつもきつい思いをしていました。 基本、ハードモードなところにプラスして、仕事でも嫌な人がいて報われない思いをして、ショッピングも旅行も贅沢に思えてた私は毎晩コンビニに逃げ込むようになりました。

コンビニはいつも明るくていろんなものがちょうど見渡せる広さの中で新商品や流行りのものが並べてあり、明るくて。

今思うと、私はコンビニで癒されてたんだと思います!やばいですよね……
コンビニエンス、まさに手っ取り早く近場でストレス解消、それがコンビニでの食べ物漁りでした。

思い切って書きますけど、その頃は毎日、コンビニで2000円とか?普通に使っちゃってたと思います。

毎日食べていたコンビニ食

内容は、まず飲み物;水、トマトジュース(これ健康に気を使ってるつもり)ヨーグルトドリンク(これも健康に気を使ってるつもり)オレンジ100%ジュース(これも、以下略)お菓子;チョコレートは基本中の基本、ポテチ(新味ゲット)、せんべい、肉まん、たこ焼き、そしてお惣菜、サラダ(結局食べずじまい)。

それとちょっと人に語りたい、というだけの理由でじゃがりこの限定味が出ると必ず買いました。 じゃがりこってほのかな香りと絶妙な再現力でいろんな味を出してきますよね?

最初の一本、二本だとよくわからなくて、食べ進んでいくと、おお〜確かに、なるほど、となっていくんです。 そんなわけで一人暮らしの私はじゃがりこを一度開けたら必ずいちどきに完食していました。

そして勝手に達成感を味わっていたのです。 (これは会社のイケてる友達のおしゃれサブカルな雰囲気についていきたいっていうだけの理由でした。)

以上のような買い物をしていた私は、絶対、そのコンビニであだ名がついてたと思います。(どんなあだ名だったかは想像したくもないですが) 

この買い物のラインナップ、皆さんどう思われるでしょうか..?

今の私から見たら、この内容、ほぼほぼ糖質オンリーじゃん!ってわかるのですが、当時は体に良いものを取り入れつつ買い物しているつもりでした。

食事でストレスを解消することはできた

話を元に戻しますね。 それじゃあ、これでストレスは解消できてたのか?というと答えは、「できてたけど、その大きさは半端なかった。」ということになります。

それは、当時、かなり遅くまで残業していたということも関係すると思います。
会社で働く皆さん、おわかりの方もいらっしゃると思いますが、売り上げがなかなか達成できない時って定時で帰れます..?

今でこそ無理な残業はNGみたいな風潮になってますが、当時は、(今でもですけど)チャイム鳴ってすぐに席を立つ人ってまだまだ少数派で、キリのいいところまで頑張る人が多く、またそのような姿勢の方が好感持って見られる雰囲気でした。

私は仕事の段取りが下手で、コミュ障で苦手なことを後回しにしがち、そして一人でじっくり取り組める夜の方が仕事しやすいと思っていました。昼間サボっていた訳じゃないのですが自分のことを夜型人間って思っていました。

マイペースなつもりでも、それがストレスになっていたと思います。

 

ストレスと食事

では実際にストレスとダイエットって、どんな風に影響し合うのでしょう?
私はダイエットをするたびに何度も壁にぶつかりました。

それは、ストレスを食べることで解消するという、脳に染み付いた行動パターンがダイエットで生じるストレスに対しても発生してしまったからです。

そんな訳で私はずっと、ちょっと痩せてはまたリバウンドを繰り返していました。

 

糖質制限でストレスが減った

そんな私でしたけど、糖質制限の食事に切り替えたところ、体重が減っていくとともに、毎日感じる大きなストレスが少しずつ軽くなっていったのです。

最初は、糖質制限の食事をするための生活はすごく大変でした。
コンビニに行く代わりにスーパーに足を運び、栄養成分表をひっくり返して確認して、早めに帰宅して自炊、そのためには残業も減らして料理やトレーニングの時間を確保して、睡眠もできるだけきちんととる……

そのためには会社の仕事も今まで以上に集中して効率を上げなければいけなくて、間食してるといっても糖質がないので結構きついと思うこともありました。

でも...タンパク質をきちんと摂って行くことでいろんなことが変化しました。
私の場合ですがまず、疲れにくくなりました。コンビニ生活してた時の絶望的なヘトヘト感があまり出てこなくなりました。

それとお昼に糖質をやめると午後眠くならないので快適に仕事をできるようになりました。 冷え性が治りました。あと、なんと、記憶力が上がって、人やものごとに対する対応がとても楽になったのです。

そうしたら自然にストレスが減って、ストレスが減った分、食べて解消したいという欲求も減っていきました。

 

最後に

ストレス解消法って人によって色々だと思います。
カラオケに行ったり、踊ったり、ドライブをしたり、人によっていろんな趣味があると思います。

でも今ダイエットで苦しんでる人ってそもそもストレス解消法が飲んだり食べたりってことが多いのではないでしょうか……?

それが、体が心を守るための定石パターンになってるとしたら、それをやめることは難しいかもしれません。
でもその内容を変えることによってストレス解消ができて、なおかつダイエットも成功したら良いなと思いませんか……?

私もまだ頑張ってる途中です。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA