ダイエット中には『たんぱく質』の摂取が欠かせない理由

こんにちは、
『からだカレッジ』で執筆をしている北村こうきです!

いつも最後まで記事をお読み頂き、ありがとうございます!
(過去の記事はこちらから→『過去の記事一覧』

前回の記事では、『たんぱく質』をテーマに、ベストな摂取タイミングや、適正な摂取量についてお伝えしてきました。『たんぱく質』と聞くと、筋肉を大きくさせたい人は摂った方が良い、と思われている方もいらっしゃいますが、実はダイエットをしている女性も、たんぱく質はしっかり摂取した方が良いのです。

今回は、なぜダイエットをしている女性もたんぱく質を摂取すべきなのかお伝えしていきます!

 

『ダイエット』と『たんぱく質』


ダイエット中は摂取カロリーを抑えるために食事量が減ったり、肉や魚などを避けてしまったり、身体に十分なたんぱく質が摂取できていないケースがあります。たんぱく質摂取量が減ると、筋肉を合成するために必要なたんぱく質量が足りずに、筋肉量が減ってしまいます。

筋肉はエネルギーを算出する組織なので、筋肉量が減ると太りやすい身体になってしまうのです。

 

『たんぱく質』を多く含む食材一覧

●牛もも肉(赤身)100g・・・たんぱく質 約20.7g
●豚ロース肉(赤身)100g・・・たんぱく質 約22.7g
●クロマグロ(赤身)刺身80g・・・たんぱく質 約21.1g
●鶏ささみ 80g・・・たんぱく質 約18.4g
●カツオ 刺身80g・・・たんぱく質 約20.6g
●納豆 1パック50g・・・たんぱく質 約8.3g
●卵 1個50g・・・たんぱく質 約6.2g
●牛乳 1杯200cc・・・たんぱく質 約6.6g

たんぱく質は、お肌や髪、爪の材料なので、美容においても欠かせない栄養素です!また、赤身の肉はお肉の中でもカロリーが低く、高たんぱく質食材です。さらに、赤身の肉は『L-カルニチン』と『ビタミンB群』を含んでいるので、脂肪を燃焼させる効果があります

ダイエット中は、お肉を避けたくなりますが、赤身肉はダイエットに良い食材なので、ダイエット期間中は取り入れていくと良いでしょう!そして、鶏ささみ肉は、低カロリー高たんぱく質食材として有名です。よく、ダイエット期間中の定番になるのが、コンビニで売っているサラダチキンですね。

鶏ささみ肉は、赤身の肉よりも低カロリーなため、赤身肉に負けないくらいのダイエット効果が得られます。ダイエットで赤身の肉ばかり食べるのも飽きてきますので、鶏ささみ肉と交互に食べて、ダイエットが苦行にならないように調整していきたいですね!

 

『たんぱく質食材』=『太る』というイメージ


たんぱく質食材は、抱き合わせで脂質を多く含むものが多いので、太りやすいということがあります。肉、魚、卵などはたんぱく質も豊富ですが、必ず脂質も含まれているので、種類や部位によって含有量が異なってきます。ダイエット中であれば、脂質の少ないたんぱく質食材を選ぶことが望ましいと言えます。

ちなみに肉の場合、部位によっても異なりますが、

『牛肉 』>『 豚肉』 >『 鶏肉』の順番にカロリーが低くなります。

 

たんぱく質を適切に摂取すれば、食欲コントロールができる


人間は必要な量のたんぱく質を摂るまで食欲が出て食べ続ける』という研究結果がオーストラリアのシドニー大学で明らかになっているそうです。つまり、ダイエットのために、食事量を抑えてもたんぱく質を摂る量が不足していたら、食欲がおさまらずに、他の炭水化物や脂質を取りすぎてしまって、結果カロリーオーバーになることがあります。

食欲をコントロールする上で、大前提となるのは、適切な量のたんぱく質を摂取するということ!ですね^^

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

『からだカレッジ』
執筆者:北村 こうき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

横浜市出身。 パーソナルトレーナー・ボディメイクセミナー講師・ライター(からだカレッジ専属) 日本No.1を目指す健康WEBメディア『からだカレッジ』を通して、健康&ボディメイクの記事を中心に執筆しています。 リバウンドしないハイパフォーマンスな身体をキープし続ける、ボディメイクに欠かせない『知識』と『経験』を身に付けるセミナー・イベント情報をLINE@で配信中! LINE@ID検索→『 @kouki.k 』(@をお忘れなく!)