【連載】神経と筋肉の結び付けを考え、神経を鍛えよう!

神経と筋肉の結びつき、運動単位、動員、共収縮をテーマに、神経系のコーディネーションへ(神経を鍛えよう)

今回も神経の話題をお送りしていきます。前回までの2回では、主に神経と痛みをテーマにしていきましたが、今回は「神経と筋肉」をテーマにしてお送りしていきたいと思います。

前回の記事>>【連載】痛み止めや湿布を使うタイミングを考える〜可塑性(かそせい)〜

 

神経によって筋肉は動かされる

以前の神経の基礎知識という箇所で、運動神経という神経を紹介していきました。ここでも簡単に振り返ってみましょう。私達が身体を動かしていくためには、身体を動かす役割である骨格筋(いわゆる筋肉)が働くことが必要不可欠な要素となります。その骨格筋へと「収縮しなさい!」と命令を伝えるのが運動神経の役割となります。

 

神経と筋肉の結びつき

運動神経によって、筋肉が働くためには命令が順調に伝わっていかなくてはなりません。ここを電車に置き換えてイメージしていきましょう。私達が目的地へ電車を使って向かう時には使う駅から対象になる路線の電車に乗って、目的地となる駅まで向かいますね。

ここを置き換えてみると、始めに使う駅が「脳」、使う路線が「運動神経」、乗っている電車が「命令」。そして、これらを実行するためには実際に乗客がいなくては始まりません。伝わっていく命令は筋肉に辿り着く際には「電気信号」や「物質のやりとり」が関わります。それが、私達「乗客」という置き換えになります。

さて、例として力こぶを作る動作をしようと考えた時の流れを大まかに見ていきます。

まず私たちの脳は「腕を動かそう!」と考え、必要と思われる筋肉へと命令を出し始めます。その指令が運動神経という線路上を電気信号として伝わっていき、肘を曲げて力こぶを作る筋肉である「上腕二頭筋」へと伝わっていきます。その指令を受けた上腕二頭筋が「収縮」という働きを行うことで実際に力こぶを作ることが出来ます。

さて、ここで取り上げた

  • 命令を伝える運動神経
  • 命令を実行するために伝わる電気信号や、物質(ここではカットしています)
  • 命令の対象となる筋肉

ここをまとめて「運動単位」といいます。ちなみにこの運動単位には脳そのものは含まれていません。上の例ではわかりやすくするために挙げてあります。

 

1本の神経と1本の筋肉の繊維?

神経によって筋肉を動かすことが出来るというのは、お分かり頂けたかと思います。この活動をする、まとめてグループ化したのが運動単位でした。さて、この運動単位ですが、1つの神経が1本の筋肉の繊維だけという命令の仕方をしているわけではありません。

例えば目の動きに関係する筋肉に対しては1本の神経が5本程度の筋繊維を対してふくらはぎの筋肉に対しては1本の神経が500本以上もの筋繊維をというように身体の各パーツによってまったく違ってきます。1本の神経が持つ影響力は身体の場所によっても違う→神経の活動をしっかりと挙げていくことの重要性が浮かびあがってきます。

実際に神経が動かすといっても、その能力を発揮できているかはまったくの別問題なのです。

 

動かすことが出来るように神経を活性化=神経を鍛えよう!

さて、ここまで長い説明になってしまったので、一度整理しましょう。

  • 筋肉の働きは神経によって制御されていること
  • 筋肉によって、動かす神経の数が違うこと

そしてここからのポイントは、【神経は鍛える必要があること】です。

運動単位によって、支配されている筋肉は、その神経が多く働かないと大きな力を出すことが出来ません。ウエイトトレーニングなどを行うことで、この神経を多く働かせるようになるために大きな力を出すことが出来るようになります。この働く量を【動員】と言って表現しています。

もちろんウエイトトレーニングのような大きな力を出す時だけでなく、複雑な身体の動きを習得していく時には、この神経系の「学習」が必要不可欠な要素となります。自分自身の身体を思い通りに動かすこと=コーディネーション能力は、神経系を鍛えるために有効なトレーニング方法になります。

自分自身の身体を思い通りに動かす事が出来ることは、不用意な怪我や障害を防ぐことに繋がるために、私自身も取り入れています。ここでは、骨盤周りのトレーニングと、上半身と下半身の連動を意識したトレーニング、バランスを取りながらのストレッチを載せておきます。

骨盤周りのトレーニング

https://m.youtube.com/watch?v=wl7r2tEUmGU

上半身と下半身の連動

ハムストリングスの動的ストレッチ

 

期間による運動の反応の違い

身体を鍛えよう!と考えた時に知っておいて欲しいのは【期間】についてです。

初めの1〜2ヶ月は筋肉そのものの変化というよりは「神経系の適応」によって、新たな動きが出来るようになったり、重い重量を扱う事が出来るようになったりします。この過程をこなしてから、初めて筋肉そのものの変化による結果が生まれてきます。

この時期に神経系の働きをしっかりと意識して運動を意識する事で、無駄な力が入らなくなる(=共収縮の防止)ために、より効率の良い動かし方へと変わっていきます。

さて、少し難しい内容となりましたがいかがでしたでしょうか?神経をうまく理解して、自身の身体をうまくコーディネートしていって欲しいと思います。

第1話【 連載】マッサージ師が感じた健康作りへの近道とは!?
第2話【連載】マッサージ師が教える血流を良くするための知識と運動方法〜背骨編〜
第3話【連載】マッサージ師が教える血流を良くする生活上のコツ4つ
第4話【連載】治療の専門家マッサージ師が教える血流と痛み・炎症との関係がわかる基礎知
第5話【連載】マッサージ師直伝!こり・頭痛のお悩みの方におすすめする実践的解消法
第6話【連載】治療の専門家木村が伝授!腰の痛みで悩んでいるあなたに教える知識のポイントとセルフケアの実践方法
第7話【連載】姿勢を考える時に重要となる「軸」という考え方についてお伝えします!
第8話【連載】姿勢で軸をよくしたい方に教える「運動面」の考え方とその運動方法
第9話【連載】治療の専門家・木村が考える、”知っておきたい神経の知識”
第10話【連載】「怪我した反対側も痛くなった!」その原因を神経の知識から解説します!
第11話【連載】痛み止めや湿布を使うタイミングを考える〜可塑性(かそせい)〜
第13話【連載】あなたは、大丈夫?知らず知らずのうちに内臓に疲労を蓄積してるかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

木村佑介

木村 佑介(きむら ゆうすけ) H1.8.16 学歴 都立井草高校 →立教大学法学部 →東京衛生学園専門学校 東洋医療総合学科(主席) 資格 あん摩マッサージ指圧師 はり師 きゅう師 スポーツ歴 中学〜陸上競技 高校時代:3年次、200m、400mにて関東大会出場 大学時代:4年次、関東インカレ(2部)4×400mリレー優勝 「現在の職業についた理由」 高校時代まで、怪我とはまったくの無縁で、記録も順調に伸び続けました。大学1年次も夏頃までは好調をキープ。追い風参考記録になったものの、初の100mで10秒台となる10”91をマーク。が、1年次後半に肉離れを起こして以来、ほぼ毎年怪我をしている状態になる。3年生になる頃に、先輩に紹介してもらった先生に出会い、復活し、4年次には最大の目標であった関東インカレ優勝を果たした。この先生に出会って、自分も治療家になりたいと思い、法曹志望の道を一転させて、治療家の道に。現在は、都内マッサージ院にて勤務の傍ら、師匠の元に通い、修業中。