ダイエット成功の秘訣は、パーソナルトレーナーと一緒に体に合った食事と運動をすること

私がダイエットを始めた訳

皆さんがダイエットを始めようと思った時にまず手軽に始めるのが、食事の内容や食べ方を見直すことではないでしょうか。なぜならば、私たちの体は、私たちの食べているものでできているからですよね。

しかし、古いところでは「バナナダイエット」「ビール酵母ダイエット」などの単品ダイエットがありましたし、最近では「ローカーボ」、「朝食抜き」あるいは逆に「3食きちんと食べよう」などなど、ダイエット情報は巷にあふれかえっていて、何が正しくて本当に効果があるのかわからなくなってしまいますね。

私がダイエットを始めた理由は、BMI(肥満度を示す体格指数)は21と正常範囲内なのですが、体脂肪率が30%と高かったからなのです。

更に血圧も高めで、コレステロールを下げるお薬を内科からもらっていました。ただ、心筋梗塞や脳梗塞は怖いけれど、「お薬には頼りたくない!」「一生飲み続けるなんて嫌だ!」と思っていました。実は私は薬剤師なのですが、薬はできるだけ飲みたくないのです。

でも、お薬を飲まないなら、自分の体を変えない限りだんだん身を危険にさらすことになりますよね。ということで、体づくりを始めました。

 

パーソナルトレーナーについて身体作り

私は、「3ヶ月後に体脂肪率27%を目指す」ことを目標に、パーソナルトレーナーと一緒にしっかりと体を作り直すことにしたのです。私が体作りの為に、パーソナルトレーナーについた訳は、

  1. 正しい方法が知りたかった。
  2. 自分に合った方法が知りたかった。
  3. 一人で続ける自信がなかった。

という理由でした。

まず最初に肥満遺伝子を調べてもらったのですが、出てきた結果は、脂質の代謝が苦手な「洋なし型」ということでした。実際の体型も下半身太りの私は、まさに洋なしですね。

 

身体に合った食事でダイエット成功

「洋なし型」は、脂質の多い食事は控えめにすること、熱産生が弱くて身体が冷えやすい特徴があるので、体を温める食材や適度な香辛料を摂ることがいいとのことでした。

まず、バター、チーズ、ベーコンなどは控え、サラダのドレッシングにも注意することが必要でした。私が大好きなナッツ類も脂質が多いので「洋なし型」には、あまり合わないようです。乳脂肪を代謝するのも苦手なようで、生クリーム、アイスクリーム、チョコレートも要注意!!の食品です。

私の場合、体重を減量する必要はなかったので食べる量については特に厳しい指導はありませんでしたが、食事の基本は高タンパク質・低炭水化物・良質な脂肪この3点が実行すべき項目でした。食事の中でも最も重要なものは、タンパク質でした。「一日に体重×1.5gのタンパク質を摂りましょう。」という指導でした。

「洋なし型」は、お肉よりも、魚介類や豆類から摂ることがお奨めです。その為、白身魚や鮭などの魚、そして納豆は毎朝食べました。

低炭水化物に関しては、いろいろ説があり迷ってしまいますが、とりあえず、朝はごはんを抜きました。そして、血糖値を上げやすいGI値の高いものは避けるようにしました。パンやパスタ、うどんなどは食べずに、そして白米ではなく玄米を食べるようにしました。

このように食事を気を付けた3ヶ月後の結果は、なんとか目標の「体脂肪率27%」にギリギリで滑り込みセーフ!!そして内科のお薬はどうなったかというと?実はコレステロールのお薬は、やめていたのですが、血液検査の結果はなんと正常値!

やはり自分の体質を知り、体質に合った食事と運動法をしていくことがダイエットの正しいやり方であり、成功への近道だと思いました。そしてそのためにパーソナルトレーナーについて指導を受けることは、とても効率的だと思います。さあ、次はあなたがダイエットに成功する番ですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

森川彰子

薬剤師・介護支援専門相談員・中医健康養生士・命の食事アドバイザー 薬膳食療法専門指導士・JNFビジネスサプリメントアドバイザー・子宝カウンセラー 「年齢を重ねても心も体も元気!いきいき暮らせるお手伝い」 婚家の整形外科医院で手伝う中で「予防」の大切さを痛感。 相談薬店にて 毎日の食事、運動、睡眠、排泄の毎日の生活習慣を整えることで健康で暮らせるお手伝いをさせていただいています。 現在中医学である食養生、薬膳をさらに深く勉強中です。