リバウンドせずダイエットを成功させる「ホメオスタシス」

こんにちは!えいみーです。

いきなりですが
「ホメオスタシス」という言葉、聞いたことはありますか?

生体恒常性ともいい、体内を一定の状態に保とうとする力のことを言います。

実は、これがタイトルに書いてある

「リバウンドをせず、ダイエットを成功させるために理解するべきこと」です。

 

恒常性(こうじょうせい)ないしはホメオスタシス: ὅμοιοστάσις: homeostasis)とは、

生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことである。

引用:Wikipedia

 

人間は恒温動物なので、外気温がどんなに下がっても上がっても体温は一定に保とうとしますし、自律神経などもこのホメオスタシスが機能しています。

この人間の持つ、すごく重要な働き。

ダイエット中は、戦わないといけない敵になってしまうのです・・・

リバウンドとの関係性は、後ほど。

 

ダイエットを成功させるには、身体の変化を察知しよう

今の身体を変えようと思いダイエットしようとする時、急に今までしなかった運動や健康を意識した食事になってきますよね!

この状態を身体はどう感じるのでしょうか?

 

「なにかいつもより 入ってくる食事が減ってるぞ、これはエネルギー消耗してはダメだな」

 

と、まるで身体に危機が訪れたような状態と察知するんですね。

本当に、人間のからだとは良くできたもので、ここでエネルギーを消耗しないようにしてしまうのです。

リバウンド原因がわかれば、ダイエットの知識が一歩前進

このオメオスタシスが働いているおかげで、どうしても急な体の変化を受け入れず以前の安定した状態に戻そうとするのです。

そのため、食事や運動を気を付けていて、うまくダイエットできてもリバウンドしてしまったり、停滞してしまったり という結果になることもあるんですね。

でも裏を返せば、そうなることは、ある意味身体が正常に機能している証拠でもあるのです。

 

ホメオスタシスが軌道にのるまで

人としての正常な機能であるホメオスタシス。

食事や運動を変化させて、ダイエットなどに取り組みたいときには、どのくらいの期間がいるのでしょう?

最低でも新しい食生活、運動生活を定着させ身体がOK!のサインを出すのに1か月は必要だそうです。

 

私の場合でいうと、3か月の谷けいじさんのBMAで、食事や運動を変化させ、半月までは少しづつ順調に減っていった体重が、半月を過ぎたころあまり変化がなくなってきました。

停滞期に入ったかな?と思ったところ、その後 2段階くらいでガタっと減り、リバウンドしなくなった時期がありました。

それが1か月半と2か月過ぎたくらいでした。

これは本当に個人差があって、なかなか身体がOKをだしてくれないことも・・

 

でも、こうして2,3か月続けていけば、身体も新環境に慣れ リバウンドや停滞のしにくい時期がやってきます!

 

停滞期やリバウンドは、あたりまえと受け止めて、取り入れた運動や食事をあきらめずに続けてくださいね!

私自身も、以前までは、そこで諦めてしまったために自分のホメオスタシスにしてやられました・・・(泣)

自分自身のからだに、その食事や運動習慣を受け入れられたとき(身体がOKを出したとき)は必ず結果が出てきます。

 

是非、これを覚えておいて毎日の習慣を無理なく続けていきましょう♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

えいみー

子供のころから運動が大の苦手。 やらなくて済むならやりたくない。 そんな運動オンチの私でも、歳とともに、健康志向になっていき  過去には某サーキットトレーニングのコーチをしながら いろんな勉強をさせて頂きました。 ある日の下山中の思わぬ滑落から、車椅子、松葉杖生活を経験し 現在もまだ痺れなどの後遺症がある中、3か月のトレーニングで 身体も変わり、パフォーマンスが改善したことが一番自分で驚いています! 運動苦手でも運動しなきゃの意識は皆さんお持ちだと思います。 この記事が、そんなきっかけになればと思っています。