雑誌ananで紹介!「代謝を良くし、痩せやすい体の作り方」


anan  No2017 2016/8/31

 

ぎっくり腰は、トレーニングで治る

私の周りには、股関節手術をした方が、たいへん多くいらっしゃいます。

65才位から80才位の知人たちが、股関節の骨折でボルトを入れたと言う話を本当によく聞きます。

 

『すごく痛かった。この年になるまで入院や手術をしたことがなかったのに、ショックだったわ。』

『ボルトが入っているので、飛行機に乗るたび、セキュリティチェックで引っかかり、ボディーチェックされ、面倒よ。』

『生涯現役で、好きな仕事を続けたかった・・・。手術はしたが、痛みが取れず働けない・・・。

誰でも、手術でよくなる訳ではないみたい・・・』

など。

みんな、体のことを教えてもらい、トレーニングを習う機会があれば、防げたかもしれません。

私も、過去に7回ぎっくり腰をした為か、常に、股関節周りに痛みがあり、他にも不具合を多々感じていました。それらの悪化防止のために、BMAに入りたいと思いました。

 

昨年2016年、BMAの説明会に行く前の、9月末、最後のぎっくり腰を発症。

特に何をしたわけでもないのに、歩けなくなり予定していた旅行をドタキャン。

JALにキャンセルの電話をすると「13000円引き落としをします」と。え~っ!13000円?

同じ2016年春にも、上京する予定で、朝シャンプーをしていて突然、ぎっくり腰になり、風呂場で動けなくなりました。

日曜だったので、子供に電話で、代わりに行ってくれるよう頼みました。

そんな事もあったので、又、いつ発症するかわからないし、旅行の途中で歩けなくなると、迷惑をかけるし、今後、私は、もう旅行はできないな~と落ち込みました。

 

そろそろと歩けるようになり、近所にオープンした「からだ整体」に行き、施術法はすっかり忘れましたが、3600円払いました。

 

先生が、

「持病にならないように、しばらくは、週に2回は、通われた方がいいですよ。(保険は利きません)」

1週間で7200円、それが何週も続くの?

わ~っ、無理もったいない!

 

自宅から近いし夫に車を出してもらわなくても済むと一度は、来てみた。

が、先が見えない治療法に大事なお金を使いたくないなあ~ 🙄

予約を取るよう言われたので、その場では、断れず一旦、予約表に書き込み、帰宅して電話でキャンセル。

 

どうしようか?

困っていた時、ある方のブログでパーソナルトレーナー谷けいじさんの文字を見つけ、アクセスしました。

 

そして、3か月オンラインで学びました。入学してから7か月たつ今も、鍼治療、整形外科、その他病院へお世話になることなく、

痛みのなかった若い時のような感覚で毎日生活しています。

 

細くなる・むくみが取れる・痛みがラクになる!最重要ポイントを徹底攻略

ananは、読者の平均年齢が27歳だそうですが、私達シニア層にも関心のある3点

太もも、股関節、鼠径部を取り上げていたので、皆さんにも、シェアしたいと思います。

 

美しくて、不調知らずの体のカギは、「ポンプ」「連結器」「バルブ」に、なぞらえられる”縁の下の力持ち” な 3部位にありました。

鍛えたり、整えたり、ケアすることで、カラダが ”キレイ”に向かって変わりだします!
太ももは、たくさんのエネルギーを生み出しカラダに送り混むポンプです。
下半身の大部分の筋肉が集中する太もも。

ここが力強くきちんと動くことで生み出されるエネルギーが、全身の代謝を生み出します。

つまり

ツルすべ美肌も、すっきり健康ボディも、太もも次第。

 

股関節の柔軟性が上がれば、代謝がよくなり痩せやすくなる

股関節は、上半身と下半身をのつなぎ目として、複雑な動きをする。

立つ、歩く、座るなどすべての動作に関わる場所、ここが、しなやかに動くか否かが、全身の筋肉の使われ方や、代謝を大きく左右します。

歪みや、こわばりのない、軽やかな股関節をめざしましょう。
股関節太ももの骨が骨盤に挟まっている所「気を付け」の姿勢で手首あたりにある関節です。

鼠径部は、全身のリンパ&血液の流れをつかさどるバルブ役です。
太もものつけ根・鼠径部には、体中に栄養や老廃物を運ぶリンパ液の中継点、リンパ節がある。また

上半身と下半身を行き来する、血液が通るところ。循環のバルブにあたる所。

常に流れを滞らせないケアが、全身を美と健康に導きます。
鼠径部、お腹側、パンツライン、ビキニライン、コマネチの所

 

太ももがいいポンプとして働くと・・・

  • むくみ 冷え知らずのほっそり美脚に。
  • 代謝がよくなり、太りにくい体質に。
  • 身も心も疲れにくくなる。

 

股関節がいい”連結器”として働くと・・・

  • 腰痛 肩こりがなくなる
  • 立つ、歩く姿勢が、美しくなる
  • 代謝がよくなり、全身が引き締まる

 

鼠径部が、バルブとして働くと・・・

  • むくみや、冷え知らずに。
  • 便秘 生理痛の悩み撃退。
  • 腰痛がラクに。

 

これをすればOK!と3つの部位を狙うエクササイズが、紹介されています。

そうなんだぁ、BMAの谷さんの動画に従って、歯磨きするように、習慣になった毎日のストレッチ、それに加えて週2の筋トレのメニューに入っている動きのおかげで、自然とキレイに導いて頂いていたことが、わかりました。

 

雑誌で紹介されたトレーニングを紹介

太ももに効くスクワット

お腹も下半身も見違えるようにすっきり! スクワット バックグラウンジで   

太ももが 鍛えられ大きなエネルギーを生み出し、代謝をよくする。
【股関節】骨盤と太ももの骨が交わる、体中で一番大きな関節。

ここがカチコチだと、立っていても座っていてもだらしない姿勢に。

骨盤内の血液循環にも関係するから、固まった状態を放置せずケアして。
股関節のメソッドは、BMAでは、股関節回しを教えて戴きました。こんな動きは、ジムでもテレビでも見たことがなく初めて知りました。

卒業後の、毎日のトレーニングでも、この股関節回しを続けているおかげで、柔らかく維持でき、可動域が広がっています。

歩行の際も、歩幅や歩く速度にこのトレーニングの効果が感じられ、苦手だけれど欠かせないトレーニングになりました。
詰まったバルブをオープン! 鼠径部ケアで全身を巡らせる

 

【鼠径部】は、もものつけ根にあたり上半身と下半身のリンパ液や、血液が通過する大事なポイント。

ケアメソッドを実践して、スルスル、さらさら、”めぐる体”を手に入れましょう!

「体中をめぐって、老廃物を回収したり、すべての細胞に栄養や酸素を届けたりと、大切な役割を担うのがリンパ液です。」(アロマセラピスト マミーレビさん)

その通り道であるリンパ管上に点在するリンパ節は、バルブのような場所。

最大のリンパ節は、鎖骨上にあり、ここに全身のリンパ液が戻って来るが、「スムーズな循環には、体の中心にある鼠径部のリンパ節の働きが大切。

体の折り目にあり、座り姿勢や 運動不足が続くと詰まりやすい場所。」

 

めぐりが滞ると こんなことが・・・・・

  • 下半身のむくみ
  • 冷え
  • PMS (Premenstrual  Syndrome 月経前症候群)や生理痛
  • 肌のかさつき
  • くすみ
  • 便秘
  • 太りやすい体質
  • 肩こり、腰痛

BMAエクササイズの、アキレス腱伸ばし前屈、股関節回し、あぐらストレッチ、捻転ストレッチ、開脚で、鼠径部を狙えると思います。

筋トレの日は、ペルビックプランク、クランチ、バックキック、シングルスクワット、バックランジで、ケアできると思います。

            

 

まとめ

3か月で習慣になったBMAエクササイズで、自然とカラダがキレイに向かって、変わっていくことがわかり、続けたいと言う思いが、いっそう強くなりました。

知らないうちに、健康体だけではなく、ツルすべ肌も手に入れることができたと思います。
ファンデーションで、厚塗りしなくても日焼け止めとパウダーで十分。
朝の目覚めに、鏡を見るのが楽しみになっています。

この記事を読んで、BMAが全身を美と健康に導いてくれることがわかりました。

若い方はもちろん、シニア世代の方々にも、この先、痛い辛い思いをしないようBMAで、学ばれることをお薦めしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

かいうん

還暦を過ぎた 地方の片田舎の主婦、嫁いで暫くは 江戸時代の五人組制度が残っていた。 早朝 シラサギが走り出したと思ったら 朝日に向かって飛翔していくのに出会ったり  蔵からタヌキが 飛び出してきて 腰を抜かしそうになったり。  長年 お家(いえ)のためにと、働き 身体はガタガタ。 有難いことに 傷めた身体も BMAのお蔭で 改善し 楽しく暮らしている。