イケてるサーファーは筋肉が違う!サーフィンで必要な筋肉を解析

皆さんは、サーフィンをされたことはありますでしょうか?

サーフィンは海で波に乗るスポーツなのですが、見た目以上に筋肉を使うスポーツです。

ネットなどでサーフィンしている動画を見てみると、「気持ち良さそ~~~う!!!」と思いますよね。

しかし見た目以上に、サーフィンしている人の筋肉の使用量は半端ではないのです。

 

サーフィンでは腕や背中周り、お尻など様々な筋肉を使います。

瞬発力や持久力、バランス感覚も必要とされています。

サーファーの人は、引き締まった筋肉を兼ね備えていますよね。

逆三角形の体形と奇麗に焼けた肌には、皆さんも一度は憧れたことがあるのではないのでしょうか。

 

では、どこにどのくらいの筋肉があれば、サーフィンをスムーズに出来るのでしょうか。

サーフィンをする為には、どこにどのくらいの筋肉があればいいのか分析してみたのでご覧ください。

 

サーフィンは波に乗ることだけが大切ではない

では、サーフィンではどこの筋肉を使うのか細かく見ていきましょう。

 

サーフィンは波に乗るだけではなく、

  • クロールの様にボードに乗って泳ぐパドリング
  • 大きな波を回避するのに水中に潜るドルフィンスルー

など様々な動作が必要です。

動作によって違う筋肉を使用します。

 

 

サーフィンで使われる主な筋肉は『腕・肩・背中周り』

先程も説明したように、サーフィンでは行う動作によって使う筋肉が違います。

たくさんの波に乗れる方は、太腿やお尻の筋肉もよりたくさん使うことでうまく波に乗ることができるのです。

 

しかしサーフィンを初めて行なった人には、最初から波に乗ることは中々できません。

一度で波に乗ることができたらそれはきっと体幹がいいためです。

 

そんな初心者がサーフィンをする時にメインで使う筋肉はというと…

ずばり、腕や肩、背中周りの筋肉です。

 

それはパドリングに理由が隠されています。

パドリングは、サーフィンの半分を占めているともいわれています。

そもそもパドリングが出来ないと波に乗ることも、沖に出る事も出来ないのですから、初心者がまず取り組むのはここの筋肉を鍛える事だと思います。

サーフィンではバランス感覚も重要なので、背中周りの筋肉も鍛えましょうね。

 

 

【パドリング】素早く行うには『二の腕・肩周り』が大切

パドリングとは、上の画像の様にボードの上に乗り、腕で漕いで前に進む動作の事。

波に乗る前や沖に出る際にパドリングを行います。

パドリングでは上腕三頭筋や三角筋などの二の腕や肩回りの筋肉、ボードの上でバランスをとるのに必要な脊柱起立筋が必要です。

脊柱起立筋はパドリングの時に上半身をそって板を平行に保つために必要で、大きく言うと背中周りの筋肉といえるでしょう。

 

【ドルフィンスルー】波を回避するためには『腕・背中・肩周り』が重要

「大きな波がきたけどパドリングで沖に出たい!」

そんな時に、波を避けるのに水中に潜り、波を回避することをドルフィンスルーといいます。

サーフィンをしたことない方には聞きなれない言葉ですね。

 

ドルフィンスルーでは海に潜る必要がある為、上腕三頭筋や大胸筋などの腕や背中、肩回りの筋肉が必要になります。

ちょっと難しい言葉が並んでしまいましたが、サーフィンといっても行う動作によって使う筋肉が異なってきます。

 

【ライディング】波に乗るためには『太もも・お尻』の筋肉を意識する

波に乗るライディングでは、太ももやお尻を主に使用します。

その他にも、バランス感覚や持久力、瞬発力も必要になります。

このように、サーフィンするためには様々な筋肉が必要です。

 

「どこを主に使うの?」

と聞かれると、答えるのが難しいぐらいですね。

 

 

体幹を鍛えてパドリングやライディングに安定感を

ちなみに、体幹を鍛えることでサーフィンが安定するようです。

体幹がしっかりすることで、上半身と下半身をしっかり繋ぎ、バランスのいいサーフィンが出来ます。

プロサーファーの方がわかりやすく解説しているので、ご覧ください。

このように、パドリングでは肩や背中などの筋肉を使うと言いましたが、いいパドリングが出来ていると腹筋も疲れるようです。

プロサーファーの方の説得力のある話のなので、おすすめですよ。

 

サーフィンを長く続けたいなら『楽しみながら』筋肉をつける

初心者の方がサーフィンするには、パドリング上達の為に背中や肩、腕の筋肉が必要です。

背中や肩、腕の筋肉があると、無い人に比べて早く上達できると思います。

 

ただ早く上達できると楽しいとは思うのですが、その為に初心者が筋トレして臨むというのもなんだか変な感じがしますよね?

なので無理をせず、自分の好きな時にサーフィンを行ない、徐々に体を慣らして行くことがオススメです。

 

しかし、サーフィンをしながら鍛えるには、最低でも週に1回程度は練習を行いましょう。

一週間もしたら、練習した時の筋肉は無くなっていて、また筋肉痛…。

ということにもなりかねませんので十分行う期間には気をつけてください。

 

まとめ

サーフィンでは様々な筋肉を使用します。

レベルや海の状況などによっても使う筋肉が異なり、どこをメインで使うというのは1人1人違ってきます。

 

初心者の方は、パドリンド向上のために腕や肩、背中周りの筋肉を鍛えてあげるといいですね。

また、サーフィンには体幹も重要です。

 

サーフィンを始めてみると、新しい自分に出会えるかもしれません、ぜひお試しください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA