バイバイ垂れ胸!美バストになる大胸筋の鍛えかたとは

女性の多くが胸に関する悩みを抱えているのではないでしょうか?

  • 最近なんとなく胸が垂れてきた気がする
  • もっと形の良いバストにしたい!

そんな思いを持つ方も多いでしょう。

 

女性なら誰でもハリのある上向きのバストに憧れますよね。

胸が垂れてくる原因には、加齢によるホルモンバランスの変化など様々な要因があります。しかし、大胸筋と呼ばれる胸の筋肉をしっかりと鍛えることで改善することができるんです。

逆に大胸筋の筋力が低下してしまうと、10~20代の若い世代でも垂れ胸になってしまうことがあるので注意が必要です。

 

そこで今回は、

  • 胸が垂れてしまう原因
  • バストアップに大切な大胸筋の鍛え方

を詳しく解説します。

垂れ胸は年齢によるものと諦めていた方も、ぜひ美バストを目指して参考にしてみてください。

 

 

胸が垂れてしまう原因

そもそも、胸が垂れてしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

胸が垂れる原因をいくつかご紹介します。

 

 

胸のハリを保つ働きがある【エストロゲン】の減少

垂れ胸の原因として、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が減少したことが考えられます。

エストロゲンは乳腺の発達を促し、胸のハリを保つ効果をもっているからです。

このエストロゲンは加齢やストレス、ホルモンバランスの乱れなどによって減少してしまいます。

 

ホルモンバランスを整えるために、

  • ストレスを溜めない
  • バランスの良い食事をとる
  • 質の良い睡眠をとる
  • 適度な運動

の4点に気を付けましょう。

 

ホルモンバランスを整えるために読んでおきたいおすすめ記事

【編集部オススメ】絶対に教えたくない!自宅で簡単継続出来るトレーニング5選

これだけは絶対食べろ!体を作る五大栄養素をわかりやすく解説

【編集部実践済み】これで熟睡できる!5つの習慣と快眠にお勧めのレシピ5選

 

 

猫背で【大胸筋】などの筋力が低下

背中が丸まっている猫背の状態も、垂れ胸を進行させると言われています。

肩が内側に巻き込んでしまい、大胸筋を含む胸周辺の筋肉が緩んでしっかりと使うことができなくなり、筋力が低下してしまうからです。

そのため、普段から背筋を伸ばして姿勢良く過ごすことを意識して、猫背にならないように気を付けましょう。

猫背を改善できるストレッチをこちらで紹介しています。猫背気味な方は参考にしてみてくださいね!

「オトナ世代」簡単エクササイズ:猫背退散!肩甲骨寄せムネハリエクササイズ。

 

 

胸を丸く保つ【クーパー靭帯】が伸びてしまった

クーパー靭帯という、胸を丸く保つ役割を果たしている靭帯が伸びてしまったことも、垂れ胸を引き起こす原因となります。

靭帯は伸びるものの縮むことがなく、一度伸びてしまったら元に戻らないからです

そのため、授乳期など胸のサイズが大きく変化した後に、サイズが元に戻ると垂れやすくなるといえるでしょう。

授乳期以外にも、体重変動によって大きく胸のサイズが変わった場合にも垂れやすくなってしまいます。

 

この胸を支えるクーパー靭帯は、伸びなど損傷を受けると修復できませんが、大胸筋を鍛えることで胸の脂肪を持ち上げ美バストに近づくことが可能です。

また、大胸筋を鍛えることはクーパー靭帯にかかる胸の重力を緩和することにもつながります。

 

 

胸の土台【大胸筋】を鍛えてバストアップ!

胸の土台に【大胸筋】という大きな筋肉があります。

大胸筋は、脂肪細胞と乳腺組織でできている胸を支える重要な筋肉。

この大胸筋を鍛えることで美しいバストラインを作ることができます。

また、大胸筋を鍛えることは胸を支えるクーパー靭帯にかかる重力を緩和したり、胸の脂肪を持ち上げたりと美バストには欠かせない効果ばかり。

 

そこで、自宅で簡単にできる大胸筋のエクササイズを2つご紹介します。

 

 

大胸筋のエクササイズ1.壁を使った腕立て伏せ


大胸筋を鍛えるトレーニングとして、壁に向かって腕立て伏せをする方法があります。

通常の腕立て伏せよりも強度が低いので、初心者の方に特にオススメです。

<やり方>

  1. 壁に向かって両足で立ち、肘を伸ばした状態で少し前傾になって手のひらを壁につけます。足の幅と手の幅は、肩幅に開きましょう。
  2. そのまま肘を曲げて上体を壁の方に倒していき、2秒キープします。
  3. そのあと肘を伸ばして元の体勢に戻します。
  4. 3の動きを連続して10回繰り返します。

慣れてきたら1日3セット目安に行いましょう。

 

 

大胸筋のエクササイズ2.膝をついて腕立て伏せ

壁を使った腕立て伏せに慣れてきたら、少し強度を上げて膝をついた状態での腕立て伏せがオススメです。

<やり方>

  1. 肩幅より広く腕を広げた状態で、胸と一直線になるように両手を床につきます。
  2. 両膝を揃えて床につき、太ももは床から離します。
  3. そのまま肘を曲げて体を床の方に倒していきます。
  4. 次に肘を伸ばして元の体勢に戻します。
  5. 4の動きを連続して10回繰り返します。

慣れてきたら1日3セット目安に行いましょう。

 

 

大胸筋を鍛えてバストアップ!

胸が垂れてしまう原因から、バストアップ効果のある大胸筋の鍛え方などを詳しく解説しました。

いかがだったでしょうか?

垂れ胸は、バストの土台である大胸筋を鍛えることで改善することができます。

今回ご紹介した自宅でできるエクササイズを取り入れて、ぜひ美バストを目指しましょう!

 

バストアップだけじゃない!筋肉をつけるメリットがわかる【編集部イチオシ】の記事

カラダも心も美しくなる!女性が筋肉をつけるメリットとは

日常的に出来る簡単で効果的な筋トレ5選!運動苦手な人でもOK!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA