ここを鍛えればスーツがもっとかっこよく着こなせる!筋肉部位ランキング

皆さんこんにちは、世はまさに夏真っ盛りですね。

毎年毎年、異常気象だと言われている現代。

もはや異常ってなんなのかわからなくなってきているような感じがしますが、こんなに暑いと、服は薄着になっていくものですよね。

これを書いている私は日光にとてつもなく弱く、太陽とはお友達になれないので基本的に長袖なんですけどね…。

 

しかし、日光とお友達になれる方でも男性であればオールシーズンどんなときでも着なくてはならない長袖の服が存在します。

「フォーマルの代表」

「男性に最も似合う服」

そう。それはスーツです。

 

お仕事で着ている方はもちろん、何かの出ごとだったり、集まりごとだったり。

お仕事以外でも何かにつけてスーツを着る機会って以外に多いんですよね。

でもどうせスーツを着るなら、かっこよく着こなしていたいですよね!

実は女性の方もスーツを着ている男性の着こなしというものを結構チェックしているらしいですよ。

 

そんなわけで今回は、スーツを着こなす体型づくり!

「スーツをかっこよく着こなすために鍛えるべき部位ランキング」をお送りしたいと思います。

 

 

スーツを着こなすには、体のシルエットが大切

 

スーツをかっこよく着こなしているという条件の最低の段階に、自身の体にしっかりとあったサイズのものを着ているということがあります。

スーツがかっこよく見えるということの大部分は「シルエット」にあるのです。

体の形にフィットしたスーツをちゃんと着ているか、という時点でかっこよさが判断されるのです。

 

デザインは多種多様ありますが、いくら鍛えられた肉体をしていても、肝心のスーツが体にあっていなければ減点対象になってしまいます。

体にあったスーツとは、以下のようなものを指すそうです。

  • ジャケットの肩山と肩の高さがあっている
  • ジェケットのボタンを締めた状態で、ウエストに握りこぶし1つ分ほどのゆとりがある
  • 腕をおろした状態で袖口からシャツが1cmほど見える
  • 着丈はヒップの高さ程度
  • パンツの丈は靴の甲に触れる程度
  • ウエストの位置はおへその少し下で手のひらが入る程度のゆとり

 

では、「体にあったスーツ」を着ることができるという条件下で、更に見栄え良くするために鍛えるべき筋肉の部位をお話していきたいと思います。

 

 

鍛えるべき筋肉の部位ランキング

スーツを着こなすためには、体のラインが現れる場所を絞ることが肝心です。

体の体型にしっかりとフィットする部分はどこなのか想像しながらご覧ください。

 

第3位 【腹筋】

第3位はトレーニングと言えばココ!と言えるほど有名な筋肉の部位、そう、腹筋です。

 

ウエストの細さはシルエットにも影響があり、体の形を作るとしては最も大切であると言えます。

ですが、腹筋は鍛えていても、よほどしまった服を着ていない限りわかりにくいものなのです。

単に細いのか、筋肉質なのかというのは脱いでみなければわからないところ。

今回はかっこいいスーツの着こなし、という判断で3位に落ち着きました。

 

腹筋を鍛える方法

腹筋を鍛えるトレーニングですが、言わずもがな皆様が想像する腹筋トレーニングになります。

実はいわゆる「腹筋」というものには2種類あります。シックスパック、と言われている部分は腹直筋、その左右は腹斜筋と呼びます。

腹直筋は腰を曲げるときに使う筋肉です。そして腹斜筋は腰をひねるときに使う筋肉です。

一般的な腹筋トレーニングの場合は、重点的に腹直筋が鍛えられています。

捻りを加えることによって一緒に腹斜筋も鍛えることができるのでそちらがおすすめです。

 

 

第2位 【大胸筋&広背筋】

これは結構悩みました。こっちが1位か、あっちが1位か…。

と悩み抜いた末に惜しくも2位に甘んじてしまった部位!それは大胸筋&広背筋です。

 

どんな方でも、理想の体型はといえば「逆三角形」です。

肩周りが広く、下に向かっていくほど細身になっている体型のことですね。

そんな中で男性の場合は胸筋、女性の場合はバストということになるでしょう。

 

女性がバストを気にするように、男性も胸筋を気にしてもいいと思うのです。※あくまで筆者目線の意見です

 

大胸筋及び背筋が鍛えられていれば、必然的に逆三角形が形成されるというものです。

そしてそれは、スーツのかっこよさを左右するシルエットに直結するのです。

 

 

トレーニングについて

大胸筋・背筋を鍛えるトレーニングで有名なものは「バタフライ」でしょう。

まるで蝶が羽ばたくような動きのトレーニングであるためそう呼ばれているのだと思います。

手を横に水平に伸ばして、そこから前に腕を伸ばすときに使われるのが大胸筋です。

その前に伸ばした腕を再び横に戻すときに使うのが広背筋になります。

ゴム紐を使ったトレーニングなどが有効です。

 

 

第1位 【大腿筋&大殿筋】

 

第1位としてあげる筋肉は、太ももとお尻の筋肉となる大腿筋&大殿筋です。

体の見栄えを考えたときにお尻がシャープであれば、とてもスマートな印象を与えることができます。

 

またお尻を鍛えると、お尻の筋肉が上に上がるため、足の長さを錯覚させることもできたりするんです!

先程お伝えしたとおり、スーツの着丈はおしりが隠れる程度。

パンツを履いているおしりがそのまま見えにくいのです。

どれだけ筋肉質であろうと、足の長さは生まれつきのもの。

偉そうに書いている私も例外なく日本人体型の胴長短足ですので、ぜひ鍛えておきたい、というより鍛えるべき部位ですね。

 

 

トレーニングについて

下半身鍛えるトレーニングといえば、スクワットです。

中でも、大殿筋・大腿筋を鍛えるピンポイントなスクワットとして、ワイドスクワットがおすすめです。

ワイドスクワットは足を大きく広げて行うスクワットのことです。

 

 

スーツを着こなすにはシルエットが大切:まとめ

いかがでしたでしょうか?

男性であれば生活とは切り離すことができない勝負服、スーツ。

しっかりとかっこよく着こなして、周りと一味違う男を演出することができるのではないでしょうか。

これを気に、お持ちのスーツを見返してみませんか?

もしかしたら、スーツを着こなすようになったらこんなにきれいな女性と知り合えました!

なんて週刊誌の最後の方の高広告みたいなことが起きるかもしれませんよ!

※効果効能を裏付けるものではありません

 

 

お読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA