温泉で得られる6つの効果と冬場におすすめする3つの理由

寒い冬には温かい温泉に浸かりたいものですよね!

温泉好きのみなさんは、温泉の効能についてご存知でしょうか?

温泉には様々な効能があり、浸かるだけで多くの効果を得ることができます。

今回は、

  1. 温泉で得られる6つの効能
  2. 冬場に温泉がおすすめな3つの理由

について解説していきたいと思います。

温泉好きの方や、これから温泉に行こうかなという方はぜひ読んでくださいね!

 

 

温泉で得られる6つの嬉しい効果

温泉が身体へ及ぼす効果としては、大きく分けて6つあります。

  1. 温熱作用効果
  2. リラックス効果
  3. 疲労回復効果
  4. ストレス解消効果
  5. 冷え性解消効果
  6. 胃腸機能活性効果

以下で、その温泉の効能について1つずつ詳しく解説していきますね。

 

 

温泉で得られる効果1.温熱作用効果

身体を温める効果のある温泉。

温泉で身体が温まる事で、血行が良くなり身体の末梢血管が広がります。

そうすると、

  • 新陳代謝が高まりお肌の質が良くなる
  • 体内にたまった老廃物の排出を促してくれるので、ダイエット効果が期待できる

などの嬉しい効果があります。

長風呂した時に身体から汗が吹き出てきますよね。
それは代謝が良くなり、体内や肌から老廃物が排出されている証拠なのです。

 

 

温泉で得られる効果2.リラックス効果

日本人が気持ちいいと感じる温泉の温度は、42度。しかし身体をしっかりとリラックスさせるためには、ぬるめのお湯で37〜40度が良いとされています。

このぬるめのお湯にしっかりと浸かる事で、自律神経である副交感神経が優位にたち、私たちの気持ちを鎮めてくれます。

そのため心身ともにリラックスした状態となり、温泉上がりはとても気持ちよく感じられます。

 

 

温泉で得られる効果3.疲労回復効果

温泉には、疲労回復効果が期待できます。

疲労とは、疲労物質である”乳酸”が身体に溜まっている状態です。

温泉にゆっくり浸かることで、この乳酸が老廃物と一緒に身体から排出され疲労回復につながります

この時、疲労回復にはぬるめのお湯(37〜40度)に浸かる事が大事になります。

 

 

温泉で得られる効果4.ストレス解消効果

温泉にはストレス解消効果があります。

医学的には温泉が持つ【浮力効果】が効力を発揮していると言われており、うつ病の人にも効果があるそうです。

温泉がうつ病にも効果があるというのは、環境省自然環境局長通知でも明記されています。(※単純温泉、塩化物泉、硫酸塩泉に限り)

浮力効果とは、お湯の中で体重が10分の1になることで筋肉が緩み、脳波がリラックスした状態のα波になりやすくなることです。

 

 

温泉で得られる効果5.冷え性解消効果

温泉には、冷え性を解消する効果があります。

冷え性の原因となっているものは、

  • 血行不良
  • 血液中の酸素不足
  • 酸素を運ぶヘモグロビンの不足

と言われています。

温泉に入ることによって血行が良くなり毛細血管が広がるので、血液中の酸素がしっかりと身体中に行き届くことで冷え性の解消に繋がります。

冷え性の原因である血行不良には、身体や筋肉のコリをほぐせるストレッチも効果的。
冷え性解消をさらに効果的にするために、温泉に入った後にストレッチを行うこともおすすめです。
ストレッチの方法は【冬の日必見】自宅で行う暇つぶしストレッチ9選を参考にしてみてくださいね。

 

冷え性のあなたに絶対読んで欲しいおすすめ記事

【これで冷え知らず!】4つのタイプ別冷え性の改善方法

 

 

温泉で得られる効果6.胃腸機能の活性効果

温泉には、胃腸機能の活発化があります。

温泉に浸かることにより、血行が良くなり内臓や胃の活動も活発になります。

温泉は代謝が良くなり老廃物も排出しやすくなるので、便秘の解消にも効果がありますね。

また、最近は飲む温泉というのも流行っており、中と外から内臓を温めて老廃物の排出を促す効果があるようです。

飲泉は、源泉を直接体に摂り入れるために入浴よりも影響が大きいものです。15歳以下は原則的に避けることや決められた場所での飲用など、飲泉注意事項があります。温泉法で確認してから飲泉を楽しんでくださいね。

 

便秘気味?そんなあなたにおすすめの記事

体の中からキレイに!【腸活】の驚きの効果と正しいやり方

 

 

温泉を冬場におすすめする理由3つ

寒い冬だからこそ、温泉に浸かりたい人が多いですよね。

実は温泉は、冬場にこそおすすめなんです!

以下からその理由について、詳しく解説していきます。

 

 

冬場におすすめする理由1.体の芯から温まり質の良い睡眠がとれる

温泉に入ることで身体の奥からしっかりと温める事ができ、質の良い睡眠をとる事ができます。

医学的に説明すると、温泉に入ることにより副交感神経が優位になり身体がリラックスした状態となります。

そうすることにより、ぐっすりと眠る事ができるわけですね。

実は温泉は不眠症の方にもおすすめ。
副交感神経が優位になりやすい38〜40度のお湯に20分ほど浸かることで身体がリラックスした状態になるため、ぐっすり寝れるようになります。

 

よく寝れない?そんなあなたはこれを読もう!

【編集部実践済み】これで熟睡できる!5つの習慣と快眠にお勧めのレシピ5選

 

 

冬場におすすめする理由2.免疫力が高まり風邪予防に繋がる

人間の体温は基本的には、37度を基準とされています。

この基準から1度でも体温が下がると、体の免疫力は30%も低下すると研究により証明されています。

ちなみに、体温が1度でも上がると免疫力は5〜6倍上昇すると言われています。

風邪を引きやすい冬だからこそ、体の免疫力が低くなるとインフルエンザなどの病気にかかってしまいかねません。

そうならないように、しっかりと温泉で身体を温め免疫力を高める必要があるのです。

 

免疫力を高めたいあなたにおすすめの記事!

免疫力アップは、腸内環境が鍵!腸を整えるドリンクと食品(1)

 

 

冬場におすすめする理由3.寒さで強ばった身体をほぐす事ができる

温泉では冬の寒さで強ばった身体をほぐす事ができます。

寒さで固まっている体は温泉に入る事で温まり、ほぐれてきます。

また、体だけではなく心もゆるめてくれるのが温泉です。

温泉施設では心が落ち着くような、空間演出が施されているところがほとんど。

体だけではなく、心からゆるめてくれるのが温泉なんですね。

 

 

冬は温泉で身体を温め効用を得よう!

温泉による効用は大きく分けて、以下の6つでした。

  1. 温熱作用効果
  2. リラックス効果
  3. 疲労回復効果
  4. ストレス解消効果
  5. 冷え性解消効果
  6. 胃腸機能の低下解消効果

冬場は温泉でしっかりと身体を温めて、免疫力や新陳代謝を上げて健康的に過ごしたいですね。

冬場は温泉に積極的に浸かって、風邪予防や睡眠の質を上げていきましょう!

 

【編集部イチオシ】温泉好きなあなたにおすすめの記事

効果的に疲労回復! サウナ&水風呂が健康に良い理由

お風呂でおうちエステ!知らなきゃ損する美容効果を高める入浴方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA