【サルでもわかる!】話題の酵素を徹底解説!おすすめ摂取方法と簡単レシピ3選

健康方やダイエットについてネットを調べていると、
食生活に関する情報では必ずと言って良いほど「酵素」という言葉を
良く目にするようになりました。

 

テレビなどでも度々取り上げられるこの酵素、
聞いたことはあるけど具体的にどんな良いことがあるの?なんて
疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか?

 

この記事ではそんな酵素について解説するだけでなく、
どのようにすれば酵素を摂取できるのか、またそのレシピについてもご紹介していきたいと思います!

 

 

そもそも酵素ってなに?

そもそも、「酵素」って一体何なんでしょうか?

何となく「身体に良いもの」という認識はあるけど、具体的にどのように私たちの身体に影響を与えているのでしょうか。

 

 

酵素とは、身体の働きになくてはならないもの

簡単にいうと、酵素とは「食べ物を消化するあらゆる過程で必要となるもの」です。

 

人間の身体では生きるために様々な反応が日夜繰り返されています。

人体に摂取された食べ物は、消化の過程でエネルギーへと変換され、
その残りかすとなったものは排泄という形で体外へ排出されます。

酵素はこれら全ての過程において関わってくるのですが、
その種類は3,000種類以上もあり、酵素それぞれで役割が違います。

 

例えば、私たち人間は口から食物を摂取しますが、
口に入れた時点で「消化」作業は始まっており、
最初に唾液に含まれる「アミラーゼ」という酵素が消化の第一段階として働きます。

ご飯粒をずっと口の中で咀嚼し続けると、
だんだん甘くなってくるという話を聞いたことがありませんか?

これはお米に含まれるでんぷんが、アミラーゼによって麦芽糖などへと分解されるために起こる反応なんです。

 

この他にも食物は胃などさまざまな器官を通って消化をされていきますが、
この過程全てに酵素は関わってくるのです。

 

 

まだ知らないの2種類の酵素「食物酵素」と「潜在酵素」

酵素には大きく分けて2種類が存在し、それぞれ

  • 食物酵素
  • 潜在酵素

といいます。

 

これは医学博士エドワード・ハウエルが提唱した理論で、簡単に言うと

  1. 食物酵素→食物に含まれる酵素
  2. 潜在酵素→消化をはじめとする生命活動に使われる酵素

と分けることができます。

 

先ほど紹介したアミラーゼは、消化という生命活動に用いられる酵素ですので
「潜在酵素」になるということです。
(消化に用いられているので「消化酵素」と呼ばれることもあります。)

 

私たちは日々の食生活の中で「食物酵素」を摂ることができますが、
一体どのような食べ物を摂れば
食物酵素を効率的に摂取できるのでしょうか?

 

 

食物酵素を摂れる日常的な食べ物は?

私たちが生きていく上で「酵素」がとても重要な役割を果たしていることは
おわかりいただけたかと思います。

日々の暮らしの中で効率よく「酵素(食物酵素)」を摂るために
ここではどのような食べ物に含まれているのかをご紹介致します。

 

 

ベターなのは納豆などの「発酵食品」

「発酵食品=健康」というイメージは、皆さんの中にも何となくあるのではないでしょうか?

発酵それ自体の効能として、身体を健康にしてくれるというよりは、
発酵食品それぞれが健康にする効能を持っている、と言った方が正しいかもしれません。

例えば納豆には「ナットウキナーゼ」という酵素が含まれています。

このナットウキナーゼには血栓を溶かす働きがあり、
この効能によって脳梗塞や心筋梗塞を防ぐ効果があります。

 

 

【知らなきゃ損!】酵素は熱を加えたら消滅する!?

生野菜からも酵素を摂取できることが有名ですが、

気をつけなければならないのは「生」であるという点です。

 

酵素は主にたんぱく質から構成されており、
加熱によってその構成が分解されてしまうため、一定の温度を越えてしまうと酵素としての働きを失ってしまいます。
(だいたい35度〜40度程度)

 

 

おすすめ簡単レシピ①:納豆は大根おろしとセットがおすすめ!

大根おろしにも酵素がたくさん含まれているのをご存知でしたか?

大根にはアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素が豊富に含まれていて、
納豆との相性もバッチリなので一度にさまざまな種類の酵素を摂取することができます。

酵素は熱に弱いため加熱せずに食べたいところですが、
大根おろしであれば常温または冷たくしても美味しいので、酵素を摂るにはもってこいですね!

 

 

 

おすすめ簡単レシピ②:塩麹で野菜のお漬物

塩麹に含まれる麹菌にも酵素が豊富に含まれており、

それによってでんぷんやたんぱく質が分解されることで、とろみや甘み、旨味が出てくるんです。

お漬物に酵素がいっぱい含まれているのはご存知かと思いますが、

ここで塩麹を使って漬け込むことで、さらに多くの酵素を摂取することができますね!

 

 

 

おすすめ簡単レシピ③:酵素スムージー

酵素は加熱することによってその働きが失われてしまうため、
なるべく低温か常温で摂取することが望ましいとされています。

そこでおすすめ、というか定番なのはやはりスムージーでしょう!

果物にも酵素は豊富に含まれており、
特に南の国ですくすくと育つパイナップルやバナナ、キウイなどから多く摂取することができます。

ご自分の好きな果物を組み合わせて、オリジナルのスムージーを作ってみるのも良いですね!

 

まとめ:正しい知識と摂取方法を知ることが大切

いかがでしたか?

酵素は生きていく上で欠かせないもの。

ですが上でもご紹介した通り、意外と簡単に摂ることができますので、
日常でちょっと意識すれば毎日摂ることも難しくありません。

この機会にあなたも酵素生活を始めてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA