【ダメ絶対】筋トレ中に飲んではいけないアルコール7選

一生懸命筋トレして、汗をかいたあと、どうしても飲みたくなるアルコール。
運動後のアルコールほど美味しいものはありません。

「アルコールって、筋トレの効果を半減させそう・・・」
「せっかく筋トレをしたんだから、効果は出したいし・・・」

でも、アルコールは我慢できない!
そんなあなたに、これだけは避けてほしいアルコール7選のご紹介です。

 

筋トレ前後のアルコールがダメな理由

 

そもそも、なぜ筋トレとアルコールの相性が悪いのでしょうか。

筋トレ後のアルコールがダメな理由としてよく言われるのが「ホルモンのバランスを崩すため」というもの。

しかし、それ以外にも体内では様々な悪影響が。
順番に理由を探ってみましょう。

 

 

【筋トレ前後のアルコールがダメな理由1】事故を招く危険

筋トレ前にアルコールを摂取すると、

  • 利尿作用で脱水症状になりやすい
  • 判断力が鈍り怪我に繋がりやすい
  • 運動による血行促進と相まって悪酔いしやすい

といった問題が引き起こされ、筋トレ中の事故に繋がりかねません。

 

 

【筋トレ前後のアルコールがダメな理由2】コルチゾールの増加

アルコールを摂取すると、コルチゾールというホルモンが分泌されます。
コルチゾールは人体に必須のホルモンです。
しかし、筋肉のタンパク質分解を促すホルモンのため、筋トレ後にコルチゾール値が増加すると筋肉の損傷や疲労を引き起こします。

つまり、せっかくした筋トレが無駄になってしまうことに。

 

 

【筋トレ前後のアルコールがダメな理由3】テストステロンの減少

男性ホルモンとして有名なテストステロン
耳にしたことがある方も多いのでは? テストステロンの増加には、

  • 筋肉細胞における脂肪細胞増大の抑制
  • タンパク質合成の増加
  • タンパク質分解の減少
  • 筋サテライトセルの活性化
  • 筋細胞の崩壊から守る

といった効果があると確認されています。
つまり、テストステロンが減少すると、筋肉の合成が妨げられるのです。

 

 

【筋トレ前後のアルコールがダメな理由4】肝臓への負担

肝臓はたくさんの役割を担っている大切な臓器です。
肝臓では必須アミノ酸から非必須アミノ酸が生成されており、これが各組織でタンパク質生成に使われます。
つまり、肝臓は筋トレ時に摂取したタンパク質を、筋肉に変える働きをしているのです。

しかし、同時にアルコール分解においても肝臓は欠かせません。
筋トレ後にアルコールを摂取すると、肝臓はアルコール分解を行うのに忙しく、タンパク質生成が滞ることになります。

できれば、肝臓の邪魔をしたくないですね。

 

 

筋トレ中に飲んではいけないアルコール7選

アルコールと筋トレの相性が悪いことはよ〜くわかった。
けれど、我慢できないからこのサイトを読んでるんだよ!!(怒)というそこのあなた。

ご褒美の一杯を選ぶ際に、避けてほしいアルコールをご紹介します。

前述したように、肝臓はアルコールの分解を優先して行います。
そのため、同時に摂取された糖質が脂肪に変わりやすくなります。

肝臓の負担を減らすためには 糖質などの不純物ができるだけ含まれていないアルコールを摂取することがポイントです。

そこで、今回はアルコールに含まれる糖質の量・カロリー量を比較し、多い順に6つのアルコールを選びました。

 

 

【筋トレ時は飲むな!太るアルコール!1】果実酒

 

醸造酒 糖質 カロリー
果実酒(梅酒) 20.7g 156kcal

※果実酒の代表として梅酒を選びました。

欧米ではフルーツワインとしても飲まれているもので、日本の果実酒はアルコール度数が3%とビールと比べて半分、他のアルコールと比べても一番飲みやすいアルコールです。

しかし飲みやすい反面、糖質が一番多く、飲み会や普段の晩酌時には太りやすいアルコールとも言えます。

 

 

【筋トレ時は飲むな!太るアルコール!2】カクテル

醸造酒 糖質 カロリー
カクテル(ベルモット) 16.4g 152kcal

※カクテルは色々な作り方があるため、ベースとして使われることの多いベルモットのデータを記載しました。

カクテルは非常に飲みやすいため、飲むペースも早まってしまいがち。

さらに、ジンジャエールやコーラなどと割ると、上記よりも糖質・カロリーがアップするので注意が必要です。

 

 

【筋トレ時は飲むな!太るアルコール!3】紹興酒

醸造酒 糖質 カロリー
紹興酒 5.1g 127kcal

 

中華料理に欠かせない紹興酒。
甘い口あたりからも想像できる通り、糖質はかなり高め。

身体に良さそうなイメージがありますが、筋トレの日は避けましょう。

 

 

【筋トレ時は飲むな!太るアルコール!4】日本酒

醸造酒 糖質 カロリー
日本酒 3.6~4.9g 100~110kcal

日本酒ブームと言われて久しく、若者にも良く飲まれている日本酒。
特に汗をかいた後は冷酒にしてクッと飲み干したいものです。

しかし、原料がお米ということもあり、糖度はかなり高め。
筋トレ後は避けてください。

 

 

【筋トレ時は飲むな!太るアルコール!5】ビール

醸造酒 糖質 カロリー
ビール 3.1~4.6g 40~63kcal

やはり筋トレ後はキンキンに冷やしたビールを飲みたくなる方も多いのでは?
しかし、糖質もカロリーも高いので、できるだけ避けたいところ。

どうしてもビールののどごしを求めるなら、筋トレした日はノンアルコールビールを試してみてください。

 

 

【筋トレ時は飲むな!太るアルコール!6】ワイン

醸造酒 糖質 カロリー
ワイン 1.5~2.0g 73kcal

醸造酒の中では、糖質もカロリーも比較的低いのがワインです。
ワインとの上手な付き合い方については
「ワインの正しい飲み方」 を参照してみてください。

※いずれも日本食品標準成分表2018から抜粋

上記6種類はいずれも醸造酒と呼ばれるものです。

蒸留酒である焼酎・ウイスキー・ウォッカなどは全て糖質ゼロ。
それと比較すると、どれだけ多くの糖質が含まれているかがわかります。

 

 

【筋トレ時は飲むな!太るアルコール!7】ちゃんぽん

そして7つ目のアルコールは・・・ いくつかのお酒を混ぜて飲むちゃんぽん!

色々なお酒を混ぜると、肝臓がアルコールを分解するのに時間と負担がかかってしまうのです。

筋トレをした日のアルコールは、「蒸留酒を適量1種類だけ」をキーワードに選ぶのが良いでしょう。

 

 

筋トレ後45分のゴールデンタイムはアルコールを我慢!

筋トレ後の2時間、その中でも最初の45分間は筋トレの効果が反映される”ゴールデンタイム”と呼ばれています。
せめてその間は我慢し、プロテインやノンアルコールのドリンクを摂取してみましょう。

さらに、おつまみに一工夫を。

ささみや納豆、刺身など、脂肪分が少ないたんぱく質を一緒に摂取するのがおすすめです。
この時も、できるだけ糖質を摂らないように、味付けも控えてみてください。

 

私も、筋トレを頑張った日は大好きな日本酒を我慢して、ハイボールに切り替えてみたいと思います。
「普段の習慣を見直すことで健康になれる5つの方法」も是非読んでみてください!

以上、今回よりからカレライターになりました、Fuminaでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

バスケ歴10年、サッカー歴4年、ランニング歴4年のフリーライターです。 日本酒と富山をこよなく愛しています。