マッサージや整体の種類と賢いかかり方

私は現在、マッサージ師として働いています。

今の職場は治療の場ではなく、あくまでも『癒し』や『健康維持』的な施術内容です。この仕事を始めてからまだ日は浅いですが、自分も客として人の施術を受けに行くようになり、私たちの行っているこうした施術の意義や価値について気づくことがありました。

施術者の視点から、マッサージを受けることで得られるメリットについてお伝えします。

 

数ある手技療法の違いについて

街で見かける、〇〇整骨院、△△整体、〇△治療院、カイロプラクティック、リラクゼーション、リフレクソロジー、アロマトリートメントetc… 

これらの違いって何でしょうか?私見も含めて大雑把に説明してみます。

 

整骨院(接骨院)

柔道整復師の資格保有者が、骨折、脱臼、捻挫、打撲などの治療を行うところとされているが、様々なニーズに応えるべく内容も多様になっている。急性期の適応疾患であれば保険診療も受けられる。

鍼灸院

鍼灸師の資格保有者が鍼灸治療を行うところ。主にステンレス製の細い鍼を経穴に刺鍼することで治療を行う。整骨院で鍼灸治療を行っているところも多い。

カイロプラクティック

脊柱の関節の歪みを調整することで治療を行うもの。沢山の流派があり、考え方や治療法も様々なものがある。アメリカでは医師と同等の資格として認められているが、日本では民間の認定資格しかない。

整体

正式な定義はないが、主に手技によって骨格や筋肉の調整をするもの。法的な制度もないので、理論や施術方法もさまざま。

リラクゼーション

マッサージ師または無資格の施術者が、治療目的ではなくリラクゼーションを目的とした施術を行うもの。無資格者が行うものにはマッサージという言葉の表記は法的には禁止されている。

 

他にも様々なものがありますが、日本で法的に手技による治療行為が認められている資格は柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、理学療法士などが主なところで、他は殆どが海外での学校や講習を受けて資格を取ったり、民間の学校などによる認定資格となります。

 

自分に合った施術者をみつける

体に何か異変があった場合には、まずは病院で診察を受け、医学的に検査をして診断をつけてもらうことは必要だと思います。そのうえで、整形外科的な慢性疾患の多くは特別な治療法がある訳でもなく、日頃の生活習慣の影響が大きいと言われています。

神経や血液、リンパの流れが、体の歪みのクセや筋肉の緊張や凝りによって滞ることで、様々な不快な症状が出たりします。上記のようなところで施術を受けることで、流れが良くなり、辛い症状が改善することも多々あります。(施術者の技量によっても相当な違いがあります)

私も若い頃から無自覚な肩凝りなんですが、鍼灸の学生の時に友人に首のマッサージを受け、ゴリゴリやられてその時はえらく痛かったのですが、終わった後にものすごくすっきりして、これが本来の軽さなのか!と驚いた経験があります。

運動や日頃のケアはもちろん大事なのですが、状態の悪い時に自分で何とかしようとしてもどうにもならないことも多々あります。そんな時に悪循環を断ち切るきっかけとしてこういった場所で施術してもらうのも一法だと考えます。自分の身体に合った、信頼できる施術者をみつけることにはメリットが色々あります。

 

定期的に同じセラピストの施術を受ける

自分の身体って、なかなか自分では分からないものですよね。仮に素人であっても、他人のことってよく分かります。沢山の人の体を診ているセラピストなら尚更です。

体のどこが緊張していて、どこに歪みがあるのか、どの程度凝っているのか、そんなことは自分ではなかなか分かりませんが、そんなクセも人が外から客観的に見るとよく分かるものです。また、「こんな所が硬かったのか」と施術を受けることではじめて気づくこともあります。

仕事が忙しくて疲れが溜まっていたり、運動不足だったり、睡眠不足だったり、様々な要因で自分の体調の変化には気づくものですが、それとは別にやっぱり他者からの指摘は役に立ちます。いまいちだと感じるところへわざわざ通う必要はないですが、なかなかいいと感じたら何度か通って同じ人の施術を受けることをおすすめします。

回数を重ねることで施術者もその人の身体のクセや特徴が分かってきて、限られた時間内でもその人に合った施術もしやすくなります。変化があった時には教えてくれたりもするので、お互いにメリットがあるのです。自分では気づかなくても、体の硬かった人が柔かくなったり、柔かかった人が硬くなったりすれば、『何かあったんですか?』と気づいてくれるので、あれが良かったとか、これが悪かったとか、いうことにも気づきやすくなります。

自分自身で自分の身体を良くしてゆく主体性を持って、その自分の身体の変化を客観的に見てもらうチェックの場として活用してはいかがでしょうか。

 

施術する立場から思うこと

施術に対する考え方は様々だと思いますが、個人的には、来てくださる方に施術をすることでプラスの影響を与えることは出来るけれど、あくまでも主体は本人にあって、私たちは良い方向へのサポートしか出来ないと思っています。

だから、私たちの施術をどう活用するのかは、その人次第。

私もこれまで色んな疾患を抱えた人に接して来たので、苦しんでいる人ほど何とか良くなって欲しいという思いがあります。でも自分の結論としては、体はもちろんのこととして、人生全般に渡って自分自身の健康を高めなければ、それ以上には人をひっぱり上げることなど到底出来ないということです。

今の時代、健康の知識は方法論は簡単に手に入りますから、安易にいくら対処法などを伝えたところで、有名な先生が書いた本の方がよっぽど説得力があります。自分の健康や人格、生き方を少しでも高めて、関わってくださる人に幸せをもたらすことの出来るような人間を目指して精進したいと思っています。

お読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

中川 一成

長いこと体のケアに関わる仕事に携わってきました。心身共に虚弱コンプレックスを抱えてきた経験から体と心の健康には人一倍関心があります。 趣味は素敵なカフェを見つけること。珈琲を淹れること。