下半身デブの解消に期待できる本「体幹リセットダイエット」

こんにちは、アドバイザーの彩典はるかです。

「1日5分×2週間の簡単エクササイズで、気になる部分からどんどん痩せていくダイエット」と聞くと、とても興味をそそられますよね。そんな夢みたいなダイエット方法について書かれた本を紹介したいと思います。

 

あなたも一度は目にしたことがあるのでは?

「体幹リセットダイエット」サンマーク出版/佐久間健一著

一時、本屋さんの店頭の大部分を占めるほどたくさん陳列してあったり、電車の中で目を引くような広告が出ていたりしたので、目にした方も多いかもしれませんね。以前、電車の広告を見た時、めちゃくちゃ気になって、心がざわざわしたことがました。

本当かな?という、疑いの気持ちもあり、その時はスルーしていましたが、先日その本を買ってみました。

 

この本を買った理由

7月1日から始めたダイエットで私は、65.2kgあった体重が3ヶ月後の9月末の時点で56.1kgになり、約9kgの減量を達成できました。とはいうものの、一番気になるおなか周りや下半身は、まだまだ脂肪たっぷりです。内臓脂肪は標準になりましたが、体脂肪はまだまだ高い数値のままです。

これからの3ヶ月は、気になる下半身もちゃんと痩せ、体脂肪を標準に落とし、私の身長から計算した「健康体重」といわれる51kgまで落とすのが目標なのです。実は、この10月に入ってからトレーニングに身が入らなかったり、食事には気を付けていたりしたのですが、体重は、減ったり増えたりで、減らず停滞しています。

また体重が増えてしまったらどうしようという焦りと、目先を変えて新しいことに取り組むことで、停滞期を抜け出すきっかけになればいいなと思い、試してみようと思いました。余談ですが、一区切りついた後、停滞期でもあきらめずにモチベーションを維持して取り組む事は、最初の一歩を踏み出すより大変かもしれませんね。

 

この本が優れていると思うポイント

最近よく目にする新刊は、ビジネス書でもダイエットの本でも、写真や図がたくさんあって、外見はシンプルな装丁という特徴があります。また、欲しい結果が簡単に出せそうだと思わせるキャッチーな言葉で、読む前から効果が出るような気にさせられ、読書家でなくても手に取りやすいものが多い気がします。

この本は、私のようなダメダメちゃんでも、2週間なら頑張れそうだ、今までの悩みもあっさり解決できるかもと思わせてくれる、優れた本の一つだと思いました。

●具体的に優れているなと思った点について

  1. 食事・エクササイズ・実例が写真入りでわかり易い
  2. 理論について簡潔に書かれており、理解しやすい
  3. 薄く(100ページ以下)、軽いので持ち運びやすい
  4. 食事やリバウンド・停滞期の対策法も書かれている
  5. 計画を立てるときに大切なことについて書かれている

文字が少な目で読みやすい、難しくない、エクササイズの写真入りというのは、実際に行動に落とし込む際のハードルを下げてくれる要素ですよね。

 

何十年も悩んでいる下半身デブに本当に効くのか

さて、私個人の話になりますが、体重が標準だった若い頃でも、下半身が異常に太く、むくみが強いことが悩みでした。上半身が7~9号の服だとすれば、下半身は、11号~13号といった感じです。年齢や体質的なものもあるのでしょうが、運動嫌いだったために筋力が弱いことも下半身デブやむくみの一因のだそうです。

この本のエクササイズに取り組めば、気になる部分から細くなるということですから、下半身デブ解消に期待は持てます。また、脂肪の燃焼だけでなく、肩こりや頭痛、便秘にも効果があるそうですよ。女性は、デスクワークの方が多いと思うので、慢性的な肩こりが解消すれば嬉しいですよね。

これから私も、本に書かれているエクササイズを、ボディメイク講座で学んだ普段のトレーニングと並行して取り入れてみようと思っています。2か月後に結果をご報告しますね。ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

彩典はるか

子供のころから運動音痴で、筋力もなく身体を動かすことが大嫌いでした。お菓子やケーキを止められず、「まあ、いいか!そのうち止めよう」と自分を甘やかしてきた結果、51歳では臨月時の体重を上回る人生最大の体重に!!  このままでは、命が危ないという危機感で身体を変えようと、決断しました。食事に気を使いトレーニングを取り入れることで、少しずつですが体に変化が起き始めています。 私の体験をお伝えすることで、「でも○○だから・・」と、何度もダイエットに挫折したあなたの勇気となり、ボディメイクに踏み出すきっかけとなれれば嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。