ダイエットで記録をつけるメリットと記録のつけ方とは!?

ダイエットはいつから始めるべきか?

ダイエットする時ってみなさん、いつからスタートしますか?

例えば..今だと、お正月から頑張るぜ〜〜!とか、正月明けに今年こそ〜〜ってなった時、「じゃあ、いつから?」って話なんですけど、、(ほんとは『今でしょ!』ってことなんですけど、とりあえず『明日から』は封印するとして、、)

例えば、キリの良い日から始めたいってなったとしても、元旦からはやっぱりなかなか難しかったり、新年会ラッシュ終わってからかなとか、ありますよね。でもそれはね、、やっぱり、今から!がやっぱりベストなんです!!!!(最初から暑苦しくてすみません)

なぜかというと、、まず1月、新年会あるし、寒いし、無理したくない!と見送る。

でも2月はバレンタインがありますね。自分が贈るチョコを買う時、自分にも買ったりしちゃったり、友チョコの交換、また職場で逆チョコ貰ったり、うちの子が作ったのよ〜と配られたり、ありますよね。こんな時に無理っす、と見送り。冬だし、まだ間に合うよ〜って。でも、もっとあぶないのは3月なんです。

夏までのダイエットで3月を逃したくないこの時期に来るあれ、、。そう、ホワイトデー。素敵なお返しが嬉しい、ホワイトデーです。しかもホワイトデーのお返しがケーキや生チョコだったりでそれもお断りできない取引先から頂いちゃったり、上司からだったり、そういう時に、う〜〜ん、ダイエットって言ってもね〜って見送り。そして送別会。打ち上げ。

4月。もうお分かりでしょうか、、歓送迎会、お花見。お花見の屋台フードやお酒。まだ肌寒い日もあり、薄着の季節がすぐそこなのに気づいてない。

そしてゴールデンウィークになって初めて気がつく。
あ、去年より太ってる?夏までに痩せなきゃ〜

5月、バーベキュー。

私の場合、ずっとこの繰り返しでした。

その後、6月はどうかというと、梅雨時で湿気が多いとむくみやすく、ダイエットがはかどりにくい時期でもあります。そしてなぜか7月が遠く感じるんですよね。実際、梅雨明けって大体7月20日前後なので、夏はそこからと思いがち。

雑誌や広告でも、まだ間に合う!みたいな感じで出してきますよね。ちなみにベストボディジャパンはこの時点でもういくつかの大会は終わっています。

こうしてみるとダイエットを始める時期って大縄跳びに飛び込むタイミングを見すぎてしまっていつまでも入れなくなるのと似ていますね。

 

ダイエットの記録はした方が良い3つの理由

前置きが長くなりましたが、ダイエットの記録はしたほうがいいのか。それは、絶対にしたほうがいいです。そして、それは、どんなに今じゃないと思っても今日から始めるのが一番いいです。(そうは言っても月曜日から始めたい、1日(ついたち)から始めたい、仕事始めからキリッと行こうとか、もうすぐのあのイベントが終わったら、そういう日にちのはっきりしてる予定の立て方ならOKです。)

では、なぜ、ダイエットの記録をつける方がいいのでしょうか?
それには、次の4つの理由があるからです。

 

ダイエット中、記録すると効果的な理由その1

ダイエットは維持期でない限り、まず何キロになりたいかがあると思います。こわいけど今自分が何キロなのかをちゃんと計りましょう。

それをいつまでにって自分で締め切りを決めるのが大切なんです。(私はこれができていませんでした。なぜなら毎度毎度、気づいた時にはもう遅かったため、それじゃあ締め切りを作らずに日々の改善っていう風に持って行こうとしたからです。)

その目標って決めたらどうするのか。カレンダーか手帳に書き込みましょう。そこまでにあと何日、何週間、何ヶ月あるでしょうか、、?その時に自分はどうなっていたいでしょうか、、?

 

ダイエット中、記録すると効果的な理由その2

毎日、記録するっていう一つの習慣が出来上がると、積み上がったものがある日突然、すごい自信になります。

 

ダイエット中、記録すると効果的な理由その3

記録したものを振り返る、照らし合わせる。
その繰り返しで、明日は、今日はこうしようって思える。

 

ダイエット中、記録すると効果的な理由その4

グラフをつけると結果が一目でわかる。
グラフは冷徹なくらい体調を反映するので、原因が思い当たるようになってきます。

 

記録のコツと効果

ダイエットの記録は淡々と続けましょう。停滞期でも一喜一憂せずに自分との距離感を保てるようになります。自己管理できてる感が出てくると本人の雰囲気まで変わってくるように思います。これは、なぜか周りに伝わるんですよね。内面のきちんと感が表に出てくるんですよ、不思議と。そうすると、声かけてくる人の種類が前と変わってくるんです。

私の場合、このことによって、毎日、訳もなく淋しくなるということがなくなりました。やらなきゃいけないことって気持ちを支えたりするんだなと思いました。それがダイエットという、一番大切な自分のためなんだからこんな良いことないと思いました。

 

どんな内容、方法で記録するか

レコーディングダイエットってダイエットのやり方のうちの一つのように言われますが、私はすべてのダイエットは記録するべきって思います。書く内容は自由ですが、体重、気になるサイズ、食事内容、運動内容、睡眠時間などがあると思います。ほかにこれがダイエットを左右するっていう項目があればそれも入れると良いと思います。

この中の体重と食事を必ず書く項目にしてあとはたまにかけなくてもいいくらいに最初からハードル上げずに気楽に始めましょう。ではどんな方法で?ということについてお伝えしたいと思います。

 

手書き

お好みのノート(ダイアリーでも良い)に手書き。

特徴:手書きならではの確実性。振り返りや照らし合わせに便利。
基本、自分しか見ないので他のこともメモれる。
実物の紙なのでページが増えてくと達成感があるし、後で宝物っぽくなる。

注意点:料理の記録は基本、文字のみになる。(画像を入れたい場合はプリントアウトが必要)
誰かに見られたら恥ずかしい。無くしたらおしまいなので紛失や破損に注意。
何ページか日にちが空いてしまうと一気にやる気がなくなりがち。

 

アプリ

アップルなどのスマートウォッチやタニタの体重計と連動できるアプリに記録したり、スマホでアプリを使う方法。私はスマートウォッチ持ってないのですが、インスタグラムなどで連動アプリの画面を載せてる人のを見るといいな〜便利そうって思います。

私の場合、いくつか無料アプリを選んで試してって感じにしています。

特徴:常に使える環境ならおしゃれにカッコよく確認できて便利。
スマホで操作できるので電車やちょっとしたスキマ時間に入力できる。

注意点:それぞれのアプリで使いやすいものを見つかるまでが大変。
使ってるうちに不便に思ったり、不具合が出ることもある。
入力のために乗り過ごしや歩きスマホしないように注意。

 

SNS

ツイッター、インスタグラム、フェイスブック、ブログなど。

特徴:あまり日にちや頻度に縛られず、毎日のメモ的に使える。最大の特徴は上の二つと違って、誰かに向かって公開することが前提なこと。この中でもツイッター、ブログは文章がメインなのに対してインスタグラムはまず写真が必要なのと、フェイスブックも写真ありきなのが特徴。

そのため、写真を撮ることが多くなります。後、基本的にポジティブな投稿がベターなので自然と気持ちが前向きになれたり、ちょっと日にちがあいてもしれっと続行しやすいです。

注意点:最初に設定したり、写真や文章をうまく作って載せるまでが意外に面倒なことがあります。フォロー、フォロワーさんとのやりとりがあったり、まではいいのですが、「いいね!」とか他の方の投稿をチャックしたりにハマりすぎると時間が大変なことになります(でも、それでリアルに仲間が増えたり、情報交換ができたり、良いこともたくさんあります)。

これもある時、急に繋がらなくなったりすることもあるのでパスワードの管理はしっかりしましょう。

 

最後に

いろいろな記録の方法をご紹介しましたが、一番シンプルな方法として、カレンダー(頂き物でも100均のものでも)に日々の体重を書き込むだけでもOKです(目標の日に目印つけてくださいね)。

ただ私の場合、このやり方はすぐ記憶から抜けてしまって、つけ忘れが多くなって続きませんでした。あと、数字だけだとそのうち「何故こうなった?」が知りたくなりました。今の私は、手帳とインスタグラムを中心に記録しています。手帳は、半年分をどこかで無くしてしまい、本当に落ち込みました。

今の手帳も、雨に当たってちょっとガビガビしてしまって書きづらいです。でも誰に見せるわけでもなし、そこに気づいたことを書いたり、たまにガチで糖質量を調べて書き込んだりしています。インスタグラムは運動メニューを中心にちょっとした写真なんかも入れてます。私の目標は、5月末までに8キロ。

ちょっと大変かもですが、、頑張ります。
みなさんはどんな感じですか、、?

2018年が素敵な一年になるように、一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA