「失恋」と「筋トレ」の共通点

実は私、谷けいじさんのBMAのプログラムに参加している間に失恋を体験しました。
そんな体験から感じたことを赤裸々に書いてみました。

 

筋トレはきつい!

BMAのトレーニングは半月に一度、トレーニングメニューが更新されます。みんな、それぞれ現状の体力には違いがあるので、男女でもメニューの強度が変えてあるし、レベル別でも強度が少しずつ変えてあります。

自分の現状に合った強度のトレーニングメニューに取り組むわけですが、それぞれのレベルであってもやっているうちに体は段々と強くなってゆくので、半月で更に強度の高いメニューに更新するようになっています。

頑張ってやっていると毎回ごとに少しずつ、前回よりもこなせるようになっているのをまさに体を通して実感しますそしてその新しい筋トレメニューに切り替わった時がきついんです!

ホントに!!

もう、『無理~!!』『死ぬ~~!』と叫びながらやるわけですよ。これはもう、しょうがないです。私がBMAに参加してはじめてちゃんとした指導のもとでトレーニングをしたことで、体を通して学んだのはこういう体験でした。

お金を払って指導を受けて実践するからこそ得られる大きな価値の一つだと思います。

 

そして失恋してしまいました

トレーニングも3か月目に入った頃、失恋ですよ。人の失恋体験のことは分かりませんが、程度の差はあれ辛いですよね。昔から落ち込むとなかなか浮上出来ないタイプの私にとって、相当にしんどいヘビーなものでした。

失恋なんてどうしたって無条件で辛くてしんどくて、ダメージを受けます。恋愛から長いこと遠ざかっていた、打たれ弱い私には立ち直れないくらいに大きなショックを受けました。

BMAのラインでの報告の際にそのことを書いたら、返信予定の日でないにもかかわらず谷さんが励ましの返信を送ってくださったことが今も印象に残っています。

 

筋トレと失恋の比較

そんな私でも、この時に感じたことがありました。

『これって筋トレと同じだ』

新しく更新されてレベルアップしたメニューを始めてやった時のしんどさ。失恋も同じだ、そう感じました。感覚的にはひと月飛ばして翌月のメニューをいきなりやってしまったようなしんどさ。

でも、同じじゃん。

しんどいし辛いけど、きっとここからまた回復して強くなれる。筋トレに取り組んだことで、頭ではなく実感としてそう感じることが出来ました。失恋の辛さを真正面から受け止めることが出来たように思います。

 

考察

BMAのトレーニングを通して色々な変化がありました。体力がついてきて、何となく元気になって、何となく堂々と振舞えるようになって、何となく自信がついてきて。

そもそも私は長いことずっと恋愛を避けてきたように思います。

自分に自信がないのもそうだけど、いまさら自分が真剣になって深く傷ついてしまったらもう立ち直れない、そんな無意識的な防御をしていたのかもしれません。

自分からアクションを起こしたのには色んな要因はあったけど、トレーニングで自分が変わってきて、自分がすこし好きになれて何となく自信がついてきた感覚があったからというのもあったと思っています。そして失恋というヘビーなダメージも、筋トレのしんどさと同じように受け止めることが出来ました。

もちろん百戦錬磨の達人のようにはいかず、その後も辛い思いをひきずりながらの苦悩はありましたが、筋トレを通して学んだことは私にとって大きなことでした。

『筋トレは人生の縮図』とは谷さんから聞いた言葉ですが、私も谷さんの指導を受ける中で筋トレを通じてそんなことを学びました。

読んでくださった方に何か少しでも参考にでもなれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

中川 一成

長いこと体のケアに関わる仕事に携わってきました。心身共に虚弱コンプレックスを抱えてきた経験から体と心の健康には人一倍関心があります。 趣味は素敵なカフェを見つけること。珈琲を淹れること。