筋トレで健康に!老後の健康を目指した自宅筋トレの私の結果

筋トレを始めたきっかけ

私は、今夏から初めて筋トレを継続的にやっています。
元々健康志向が強かったのですが、はっきりと筋トレしなければ…と思ったのは、ご高齢の方で、足が悪くなって普通に歩けなくなっている人を見かけることが多かったからです。

皆さん、口をそろえて「若い頃は、まさか自分がこうなるとは思わなかった…」とおっしゃるのを聞いて、とても怖くなりました。

私はよく歩く方ですが、歩くだけでは足は鍛えられないと整体の先生から聞くことがよくありました。

ではどうすればいいのだろう、ジムは高額だし、通う時間もないし、人前で着替えるのも嫌だな…と、長らくぼんやり考えていたところ、オンラインで、自宅で出来る筋トレのやり方を3ヶ月に渡って提供して下さる所を見つけました。

しばらく無料動画を視聴して、トレーニングによって、腹壁や腹圧を高めることが出来、それによって内臓が正しい位置に戻ることも知りました。

私は婦人科系の病気を抱え、とある整体院が「腹圧を高めて内臓を正しい位置に戻すと、子宮系の病気も治る」と謳っていたこともあり(費用が高額なのでそこは諦めましたが)、もしかしたら、病気の、痛みなどの症状も改善するかも知れないとも思い、有料のトレーニングを始めてみることにしました。

 

実際にやってみて…

しかし、やり始めは大変きつかったです。

ただ、次にトレーニングする時は、不思議と前回よりは少し楽になっています。
トレーニングを始めて2ヶ月経ちましたが、お腹の芯に硬いものが出来た感じがします。

体幹を鍛えるトレーニングでも体がグラグラしなくなりました。
病気の症状も、トレーニングする前に比べると、痛む回数などはかなり減った気がします。

あと、この前久々にカラオケに行って、以前より声を出しやすくなった気が。

 

そして目標は

出来るだけトレーニングを続けて、腹壁を厚くして、内臓を本来の位置に戻すのが目標です。

臓器の下がりによると思いますが、子供の頃から常に下腹が突き出して冷やされているような感じなので、これをお腹のもっと内側に収めたいです。

夏は暑くてしていませんが、ウォーキングなどの有酸素運動もしているので(出勤時に最寄駅まで25分ほど歩く程度ですが)、これからは筋トレも併せてやっていき、病気や、足腰が衰えるストレスとはできるだけ無縁な生活を送りたいです

戦争や環境汚染、貧困など、心配なことはいっぱりありますが、筋トレをやっていくことで、「健康」の心配事のひとつが減りそうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA