冷え性・むくみを筋トレで根本から改善しよう!

面倒だけど重ね着をして、身体を冷やさないようにと気を使っているのに、冷え性やむくみがなかなか治らない。

毎年、この時期になるとマッサージも丁寧にやるし、味が濃いものも出来るだけ抑えてるのにいつもむくんでしまう。

改善のためにあの手この手を尽くしても、なかなか改善されない冷え性。
特にヒドイ方は、痛みを伴うこともある辛い症状です。

  • どうしたら改善できるの?
  • 根本的に直す方法は本当にないの?
  • 面倒だからマッサージもできればしたくない!

などの悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか。

マッサージをして治るならまだしも、なかなか治らない現実。
ですが、もしあなたが知らずにまだ試していない効果的な方法があるとしたら?

キーワードは『筋トレ』と『熱を生み出せる身体を作る』です。

 

今回は、下半身の筋トレを行うことで根本的に冷え性を直す方法、をお伝えします。
ほんの少しの時間努力するだけで、あなたも冷え性やむくみを改善できるかもしれません。

まずは一度、読んでみてください!

 

 

筋トレがむくみや冷え性を改善してくれる3つの理由

女性を悩ます「冷え性」や「むくみ」問題を、根本的に解決するための方法は筋トレかもしれません。
聞いたことはあるけど、面倒だと敬遠していた方には朗報です。
毎日、ほんの少しの時間を筋トレが、あなたをストレスから解き放ってくれる可能性があります。

 

 

【むくみ・冷え性に筋トレが必要な理由1】筋肉は熱を生み、代謝を促進させるため身体が温まる

そもそもなぜ、冷え性が筋トレで改善できる可能性があるのでしょうか?

筋肉はエネルギーを消費する際に身体に熱を生むのです。

筋肉の効果で身体が温まると、身体の代謝が良くなってきます。
代謝が良くなるというのは、血流の循環が活発になっている状態です。

冷え性の方は「指先や足先など身体の末端が冷えて辛い」という方がほとんどだと思います。

血管は末端になればなるほど細くなり、血流は流れ辛くなりますが、代謝が良くなるとこの問題も解決されます。
つまり、筋肉が付くと体温が上がり、かつ体中の血流の巡りが良くなるため身体は温まりやすくなるのです。

 

 

【むくみ・冷え性に筋トレが必要な理由2】相乗効果でむくみも改善される

筋肉量が増えることで、気になるむくみも解消されます。
一般的な女性の足がむくむ原因は、身体の老廃物が正常に排出できていないことです。

排出できない理由は、静脈やリンパの流れの悪さにあります。

生命活動に必要な酸素や養分は、血液とともに身体中を隅々まで巡り、その後余った水分や老廃物は静脈やリンパに流れていきます。

ですがその際、何らかの原因で流れが悪くなり、皮下に溜まってむくみの原因となるのです。

老廃物の排出を促すためには、新陳代謝を活発にしなくてはなりません。

そのためには、筋肉を付けることが最も根本的な解決に繋がります。

食生活などももちろん重要ですが、身体の代謝をあげることも意識しましょう。

老廃物を排出する方法の記事はこちらをクリック

 

 

【むくみ・冷え性に筋トレが必要な理由3】筋肉量が低いと体温が低くなる!

男性に比べ、冷え性で悩んでいる女性が多いのは『筋肉量』の差です。

これまでもお話してきたように、筋肉量を増やすことで身体を温め代謝をあげることができます。

そもそも代謝とは、エネルギー活動のこと。

ご飯を食べてエネルギーを補充し、日々の生活や積極的な運動でエネルギーを消費します。

この一連の流れが代謝です。

 

性別や体格の違いによってそれぞれ代謝量は異なります。

エネルギーは生命維持活動の他にも筋肉の活動によっても消費されます。

そのため、筋肉量を増やすことで代謝をあげることができます。

筋肉の活動が活発になると、身体には熱が生まれます。

その熱が体温をあげるきっかけであり、筋トレがおすすめの理由です。

 

むくみや冷え性を根本から改善するには、筋トレや代謝量のアップなど、身体の元から改善する意識が必要になります。

 

 

筋トレは下半身のみでいい!筋肉は下半身に7割!

とはいえ、面倒で時間が掛かるようでは、忙しい日々の中での継続は難しい…。
そんな方には下半身の筋トレをおすすめします。

なぜなら、人の身体の筋肉の7割は下半身に集中しており、下半身を中心に鍛えることで効率よく改善ができるのです。

筋肉は基礎代謝に大きく関わっています。

上記の「【むくみ・冷え性に筋トレが必要な理由3】筋肉量が低いと体温が低くなる!」でお伝えしたように、代謝を高める理由は、体温をあげて冷え性を改善するためです。

そのため上半身をトレーニングするよりも、より多くの筋肉を鍛えることができ、基礎代謝をあげるうえで高い効果を期待できます。

 

 

本当にこれだけ!?むくみ・冷え改善してくれる下半身筋トレ2選

呼吸や体温を保持するエネルギーは『基礎代謝』と呼ばれます。
基礎代謝は主に筋肉や内臓で使われ、「筋肉が多いと痩せやすい」というのはこの基礎代謝が筋肉量と比例しているからです。

なので、冬場に代謝をあげる(筋肉を増やす)ことは、体を温めることに繋がります。

普段ジムに行けない方や、自宅で筋トレを行なう方に、下半身のみに絞ったトレーニング方法をご紹介します。

 

 

【むくみ・冷え改善 筋トレ1】ノーマルスクワット

出典元:MuscleWatching

  1. 足を肩幅よりも少し広く広げ、つま先は斜め外側に向けます。
  2. かかとに体重が掛かるのを意識しながら、背中が曲がらないようにゆっくりと腰を落とします。
  3. 太ももが床に平行になったら、素早く元の体勢に戻します。

 

これを一日1回20回だけで良いので、続けてみてください。
慣れてきたり、時間があったりする時には、いつもより回数を増やすなどして改善していきましょう。

 

 

【むくみ・冷え改善 筋トレ2】レッグランジ

出典:筋トレTV

  1. 気を付けの姿勢で直立し、両手を頭の後ろで組みます。
  2. 足を一歩大きく踏み出し、その後腰もゆっくりと下ろしていきます。
  3. 踏み出した足の太ももが地面えと並行になったら、元の体勢に戻します。

 

こちらも1日20回だけで良いので、続けてみてください。
2つのメニューを合わせて一日40回、時間にして10分も掛かりません。

この積み重ねで、冷え性やむくみを根本的に解決できる可能性があります。

初めはなかなか慣れずに、面倒だと感じるかもしれませんが、一度慣れてしまえば簡単にできるメニューです。

改善を目指して、頑張って取り組んでいきましょう。

 

 

【番外編】筋トレ以外で体を温める3つの方法

『身体を痛めていて運動ができない』、『筋トレは疲れるからやりたくない』という方のために、自宅で簡単に行えるストレッチやヨガ、体を温める食材レシピをご紹介いたします。

筋トレ以外でも体を温める方法はたくさんありますので、ぜひご覧ください!

 

 

【番外編1】むくみ・冷え性改善!自宅で簡単ストレッチ

番外編として、筋トレ以外にじんわりと体を温めてくれるストレッチをご紹介いたします。
ダイエットや運動を始める時に行うストレッチは、あまり知られていない多くの効果があります。

  1. 筋肉をほぐす
  2. 疲労回復
  3. 関節の可動域を広げる
  4. 腰痛や肩こりの症状緩和、予防
  5. 血行促進
  6. 美容、ダイエット
  7. 体のゆがみ矯正

簡単に自宅で行うことができるストレッチですが、やり方によっては効果が半減してしまうので、しっかりとポイントをおさえて行いましょう。

じんわり体を温めたい方はぜひご覧ください!
【冬の日必見】自宅で行う暇つぶしストレッチ9選

 

 

【番外編2】体をじんわり温めてくれるヨガ

ヨガも身体を温める方法としておすすめです。

筋肉をゆっくりと大きく動かすことで、静かな運動でありながら身体をじんわりと温めることができます。

また、柔軟効果もあり関節の可動域を広げる効果も。

すると使われる筋肉も増え、代謝をさらに上げる効果も期待できます。

 

ヨガは男性にも女性にもおすすめの運動法です。

ヨガは身体の関節や筋肉をほぐしたり、精神のバランスを整えたりする効果もあり、冷え性改善以外にも嬉しいメリットが多いのも特徴です。

 

 

【番外編3】冬に食べたい!食事で体を温める食材

身体を温める方法は、運動では?と思い浮かぶかもしれませんが、普段から食べている食材でも体を温める事ができるのです。

身体を温める食材は、みなさんご存知の生姜だけではありません!

チーズや漬物、ゴボウなどの比較的水分が少ない食材や、一般的に体温を下げると言われる果物でもサクランボやリンゴなどの寒い地域で採れるものは身体を温めてくれます。

他にも漢方の考えでは、赤やオレンジなど暖色系の食材は身体を温めてくれると考えられています。

赤身肉やニンジン、卵、チーズなどがこれに当たります。

反対に寒色系の食材は身体を冷やすと考えられています。

 

コチラの【連載】現役ナースの木村めぐみが、オススメする一石何鳥にもなるダイエット方法とやり方では、身体を温めながらダイエット効果も期待できるおすすめレシピをご紹介しています。

 

 

改善には『継続』時短で適当にやるぐらいでOK!

冷え性を改善するためには「継続力」です。
筋トレは継続が無くては意味がありません。

そのため、筋肉をつけるというよりも継続することを目的にしましょう。
毎日できなくても、2~3日後に再び始めればいいのです。

目標達成のカギはできない自分を責めないこと。
10回だけでもやったのなら、自分偉い!と褒めてあげましょう。

その小さな繰り返しがいつかあなたを変えてくれます。

 

 

日々の小さな積み重ねが、身体を根本的から改善すること間違いなし!

冷え性やむくみを根本的に改善するためのポイントは筋トレです。
筋肉量が増えることで、体温が上がり新陳代謝も良くなります。

代謝が良くなることで、老廃物の排出も盛んになり、むくみの改善の効果も。
特に女性の場合は、男性に比べると筋肉量が少ない方が多く冷え性に悩む方も多いです。

そのため、筋トレをするなどして意識的に改善していく必要があります。

 

忙しい日々の合間をぬって継続するためにも、筋トレは下半身に絞って行いましょう。

下半身に8割の筋肉が集中しているため、少ない時間で効率よく筋量を増やすことが可能です。
ご紹介したメニューを参考に、毎日10回でもいいので、継続していきましょう。

 

継続は力なり。
日々の小さな積み重ねが、身体を根本的から改善するの唯一の近道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA