デトックスの必要性と体内に毒素が溜まるメカニズムをわかりやすく解説!

こんにちは!
からだカレッジライターの後藤優子です。

この頃、デトックスという言葉をよく耳にしますね。
実はデトックスは、2005~2006年頃に一度ブームがありました。

ただその頃は、エビデンス(科学的根拠)があまりなかったせいか、ブームは短期的に収束したようです。

しかし近年「食物繊維と腸の関係」そして「断食・少食」などについて世界の医学界が注目し、最新の研究が日々進められています。

そしてそれを一般メディアもどんどん取り上げているため、現在2度目のデトックスブームが起きているのです。

そんな中ですが実は私も今年の夏に、デトックスをしました。

今回はデトックスの必要性と一般的なデトックスとの違いなどについて書いてみますね。

 

 

デトックスの意味

そもそもデトックスとはどういう意味でしょうか?
通称でDetox(デトックス)と言われていますが、正式な名称はDetoxificationと言います。

De=分解する、除去する
toxin=毒素

「毒素を分解したり、除去したりすること」
つまり、「解毒」のことをデトックスと言うのですね。

現在の食生活に何か別のものをプラスするのは“足し算の健康法”ですが、デトックスは“引き算の健康法”と言われています。

私たち現代人が抱える多くの身体の問題は、毒素が溜まっていることで起きていると考えられています。

そのため、その毒素を身体から取り除く(デトックスする)ことによって健康になろうということですね。

 

 

現代人が抱える身体の問題は、毒素が原因

では、多くの現代人が抱える身体の問題には、どのようなものがあるでしょうか?

以下の中で、あなたはいくつ当てはまりますか?

  • 便秘
  • 不眠症
  • 花粉症
  • 太っている
  • 下痢をしやすい
  • 風邪をひきやすい
  • めまい
  • 頭痛
  • 慢性疲労
  • 性欲減退
  • イライラする
  • 身体が硬い
  • 肩こり
  • 肌荒れ、ニキビ
  • 月経前症候群(PMS)
  • むくみ
  • 腰痛
  • アトピー
  • 冷え性
  • 手足のしびれ

実はこれらの身体の問題は、すべて身体に溜まっている毒素が原因だと考えられています。

体内の代謝がうまくいかずに毒素が溜まると、身体の不調となって現れるのです。

では体内の毒素がどれだけ溜まっているか、それを見抜くにはどうすれば良いでしょうか?

それは体脂肪率を知ることで、ある程度わかるのです。

なぜなら体内から排出できなかった毒素は、脂肪に溜まるからです。脂肪が多い人は、毒素も多いと言えます。

 

 

病気の90%は、生体に蓄積された毒素が原因だった

身体の不調は毒素が原因でしたが、その不調を放置すると病気になる可能性が高いのは想像がつくことだと思います。

17万種以上あると言われる病気の原因の90%は、毒素が原因だそうです。

私たち現代人は生活環境の変化によって本来持っている身体の解毒(デトックス)機能が低下し、生体内に取り入れた毒素(有害物質)を中和もしくは排出できないでいるのです。

そのため身体に入った毒素は、体内にそのまま蓄積されてしまいます。これを「生体蓄積」といいます。

がん疾患全体の60~80%の発生原因は、 体内に蓄積(生体蓄積)した環境由来の有害化学物質 だということです。

(WHO(世界保健機構)1995より)

今まで生きてきた分の毒素が身体に溜まっていると思うと、本当に怖いですよね。

そこで、身体から毒素を排出させるデトックスの必要性があるのです。 

 

 

どこから、毒素(有害物質)が発生するのか?

では身体の不調を起こしたり病気の原因になる毒素とは、いったい何なのでしょうか?

私たちの身体の中にどこから入ってくるのでしょうか?

実は毒素には身体の内部から発生するものと、外部から入ってくるものがあります。

  • 身体の内部から発生する毒素
     腸内有害菌・宿便
     ストレスホルモン
     活性酸素
     否定的感情
     乳酸・アンモニア
  • 身体の外部から流入する毒素
     大気汚染
     水質汚染
     ファーストフード
     添加物
     喫煙
     経費毒
     電磁波

このように現代の私たちの生活環境では、身体の内側から毒素を発生させるだけでなく、身体の外側からも多くの毒素を取り込んでしまっています。

そして外部から流入したり人体内部で自然に発生した毒素は、腸だけでなく肝臓・腎臓・血液などにも溜まっていくことになります。

そのため、しっかりと身体の毒素を出すには、体内の全ての器官から毒素を除去しなければなりません。

デトックスは、最高のパフォーマンスを発揮できる健康状態を作り、また抵抗力の強い身体を維持する第一歩なのです。

 

 

身体の代謝(解毒)のメカニズム

私たちの身体には本来、以下のように多くの代謝(解毒)のメカニズムが備わっています。

  1. 血管・・・老廃物の回収
  2. 血液・・・老廃物の回収
  3. 大腸・・・食べカスの排出
  4. 肝臓・・・有害物質の解毒、老廃物の中和
  5. 腎臓・・・血液中の毒素をろ過
  6. 肺・・・・CO2の排出、異物の浄化
  7. リンパ系・リンパ系の洗浄

これらの代謝(解毒)のメカニズムは、毒素が溜まることでスムーズに働かなくなってしまいます。そうすると、さらに毒素が溜まる悪循環を起こします。

身体の毒素をデトックスする時には、全身をトータル的にみてデトックスしていく必要があります。

 

 

一般的なデトックスは腸のデトックス?

さて毒素は腸だけでなく、肝臓・腎臓・血液にも溜まっていくことがわかりましたが、現在流行のデトックスは、どこをデトックスする目的で行っているのでしょうか?

一番多いのは、腸のデトックスではないかと思います。

食物繊維を摂ったり発酵食品を摂って腸を整えていくことで、腸内の老廃物をデトックスするという類のものはあちこちで見かけますね。

もちろんこれらの方法も間違いではなく、一定の結果が出るかもしれません。

しかし本当に体質を変えたい場合や症状を無くしたい場合には、身体全体のデトックスをするのが一番早いのではないでしょうか。

 

 

抵抗力の強い身体を維持するためにもデトックスにチャレンジしよう!

今回は私たち現代人がデトックスをするべき理由と、その方法について書いてみました。

誰しも生きてきた年数分、そして生活習慣や食習慣によって多くの毒素を体内に溜めています。

つまり人によってあるいは体質によって、その症状の出方は様々なはずです。

最高のパフォーマンスを発揮できる健康状態を作り、また抵抗力の強い身体を維持するためにも、一度デトックスを試されてみてはいかがでしょうか?

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連おすすめ記事一覧

美味しくダイエット!秋冬に食べたいデトックス野菜10選と簡単レシピ

【要注意!】初めての人がデトックスを摂取する時の落とし穴

自分にあわせてカスタマイズ!雑穀米の美容効果とブレンド方法を徹底解説

ヨーグルトでダイエット!おすすめヨーグルトレシピ

ダイエットや免疫力アップにおすすめのレモンを使った鍋料理とドリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA